ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

産業株が不利になっている

www.cnbc.com

 

 

<記事内>

CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、ウォールストリートがより積極的な連邦準備制度を懸念しているにもかかわらず、バリュー株が成長株を上回る能力に疑問を呈し始めていると語った。


特にGEのような価値志向の工業株は、現在厳しい状況にあると「マッドマネー」のホストは語った。


「成長株は終わり、バリュー株が始まりました。月曜日の取引日からの私の持ち帰りです」と彼は言いました。

 

CNBC’s Jim Cramer said Monday he’s starting to question the ability of value stocks to outperform growth counterparts even as Wall Street worries about a more aggressive Federal Reserve.

In particular, the “Mad Money” host said he’s concerned about the value-oriented industrial stocks, citing an assortment of problems facing their businesses, including supply chains and labor challenges related to the coronavirus.

“If you want a value stock here, pick one where we know there aren’t any supply chain, semiconductor or Covid woes. Otherwise, it’s going to be tough without owning some predictable, profitable growth [stocks],” Cramer said after a second straight session of strong gains for the technology-heavy Nasdaq Composite.

CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、ウォールストリートがより積極的な連邦準備制度を懸念しているにもかかわらず、バリュー株が成長株を上回る能力に疑問を呈し始めていると語った。

特に、「マッドマネー」のホストは、コロナウイルスに関連するサプライチェーンや労働問題など、ビジネスが直面しているさまざまな問題を挙げて、価値志向の工業株について懸念していると述べました。

「ここでバリューストックが必要な場合は、サプライチェーン、半導体、またはCovidの問題がないことがわかっているものを選択してください。さもなければ、予測可能で収益性の高い成長[株]を所有しなければ厳しいものになるだろう」と語った。

 

Instead, Cramer said this earnings season has revealed cracks in the thesis surrounding industrial value stocks that were embraced in earnest in late November. Over the past three months, the iShares S&P 500 Growth ETF (IVW) is down nearly 5%, compared with a gain of 0.5% for the iShares S&P 500 Value ETF (IVE).

“One by one, we had big, industrial value plays like GE, 3M, Boeing and Caterpillar report subpar numbers that made us question the legitimacy of the value rally,” Cramer said. “These companies are all feeling the sting of supply chain woes, inflation, port congestions, and worst of all, Covid.”

代わりに、クレイマー氏は、この収益シーズンは、11月下旬に本格的に受け入れられた産業バリュー株を取り巻く論文の亀裂を明らかにしたと述べた。過去3か月間、iシェアーズS&P 500成長ETF(IVW)は、iシェアーズS&P 500バリューETF(IVE)の0.5%の上昇と比較して、ほぼ5%下落しています。

「 GE、3M、ボーイング、キャタピラーのような大規模な産業価値のある演劇が1つずつあり、価値の集会の正当性に疑問を投げかけました」とCramer氏は述べています。「これらの企業はすべて、サプライチェーンの問題、インフレ、港の混雑、そして最悪の場合、Covidの痛みを感じています。」

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村