ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ロシアは制裁を課すことをいとわない

ロシアはウクライナに対して戦争に行き、制裁を課すことをいとわない、とアナリストは警告している

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

ロシアは、ウクライナに対する政治的目標を達成するために、「真の経済的危害」と全面戦争の危険を冒すことをいとわない、と国防アナリストは述べた。


モスクワは、国境に約10万人の軍隊を集めたにもかかわらず、ソビエト連邦の元一部である隣接するウクライナへの侵攻を計画していることを否定した。


日曜日に、米国上院外交委員会の委員長であるボブ・メネンデスは、CNNの立法者がロシアに対する「すべての制裁の母」を考案していると語った。

 

 

The finance and resources used in some recent military campaigns — such as the Western-led air campaign in Libya — may “pale in comparison” to what Russia would need to expend in a significant ground invasion, according to Boyd.

“But there’s a pessimistic view that however costly and however much risk Russia may run in terms of short-term economic pain, it may still be seen as worth it if it’s the only way to preserve what, in their mind, is the essential political situation in Russia’s near abroad,” he warned.

“If they need to go through war — whatever the scale and the size — to obtain their political strategic goals, they will do it,” Chatham House’s Boulegue agreed. “If they can avoid it, of course they will, because nobody in their right mind in the Kremlin would want more sanctions and to be ostracized even more.”

War would be “costly and long” for Russia, he added, and potential sanctions and economic costs could carry additional political costs by sparking popular uprisings against the Kremlin.

“They would sign [Putin’s] death in a way,” he said.

Andrew Wood, associate fellow at Chatham House’s Russia and Eurasia Program and a former British ambassador to Russia, added that Putin was “motivated by a fear of popular revolutions,” such as those seen recently in Belarus.

ボイドによれば、リビアでの西側主導の空中作戦など、最近の軍事作戦で使用された資金と資源は、ロシアが重大な地上侵攻に費やす必要があるものと「比較して」少ないかもしれない。

「しかし、ロシアが短期的な経済的苦痛の観点からどんなに費用がかかり、どれほど多くのリスクを冒しても、それが彼らの心の中で本質的な政治的であるものを維持する唯一の方法であるならば、それはまだ価値があると見なされるかもしれないという悲観的な見方がありますロシアの海外に近い状況」と彼は警告した。

「彼らが政治的戦略目標を達成するために、規模や規模に関係なく戦争を経験する必要がある場合、彼らはそれを行います」とチャタムハウスのブールグは同意しました。「彼らがそれを避けることができれば、もちろん彼らはそうするでしょう。なぜなら、クレムリンの彼らの正しい心の誰も、より多くの制裁を望んでおらず、さらに追放されることを望んでいないからです。」

戦争はロシアにとって「費用がかかり、長く」なるだろう、と彼は付け加えた、そして潜在的な制裁と経済的費用はクレムリンに対する人気のある蜂起を引き起こすことによって追加の政治的費用をもたらすかもしれない。

「彼らはある意味で[プーチンの]死に署名するだろう」と彼は言った。

チャタムハウスのロシアとユーラシアプログラムのアソシエイトフェローであり、元英国大使であるアンドリューウッドは、プーチンは最近ベラルーシで見られたような「人気のある革命への恐れに動機付けられた」と付け加えた。

 

 

「LMT買っておこう」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村