ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

株式市場で富を築きたい若い投資家へ

www.cnbc.com

 

 

“Buy two or three shares a month if that’s all you can afford. That’s how I started. Reinvest the dividends over time and you’ll have a real chance of making big money.”

「余裕があれば、月に2、3株購入してください。それが私が始めた方法です。時間の経過とともに配当金を再投資すれば、大きなお金を稼ぐ本当のチャンスがあります。」

 

Cramer’s comments Friday came after brokerage app Robinhood reported fourth-quarter results a day earlier. The investing app, known for its popularity among young people, posted $264 million of transaction-based revenue. Of that, $163 million came from options trading, up 14% compared the same quarter in 2020.

Options give investors the right — but not the obligation — to buy or sell a stock at a predetermined price in the future. Options activity hit record levels in 2021, due in part to their increasing popular among retail traders, CNBC reported in December.

In particular, Cramer expressed concerns about the possibility that some young traders primarily trade options. He said it has especially worrisome implication during the market’s challenging start to 2022.

“If you’re buying call options in this difficult period, pieces of paper that allow you to turbo charge your returns by taking on a ton of extra risk without really an edge, other than this afternoon’s rally, you’re probably losing a tremendous amount of money, particularly over the last 10 days,” Cramer said.

A better strategy for young investors is to invest in actual stocks in the long-term, Cramer said. He pointed to Apple, which also reported quarterly numbers Thursday night, as one example.

“Rather than messing around with options on Robinhood, you should be sitting tight in a high quality stock like Apple, maybe accumulating more when people give it up,” Cramer said. “I think it’s much better to chase slow and steady gains in quality common stocks like Apple that can pay off gradually over years and years and years,” he said.

金曜日のCramerのコメントは、証券会社のロビンフッドが1日前に 第4四半期の結果を報告した後に寄せられました。若者の間で人気があることで知られる投資アプリは、2億6400万ドルのトランザクションベースの収益を記録しました。このうち、1億6,300万ドルはオプション取引によるもので、2020年の同じ四半期と比較して14%増加しました。

オプションは投資家に将来、所定の価格で株式を売買する権利を与えますが、義務ではありません。オプション活動は2021年に記録的なレベルに達しました。これは、小売業者の間で人気が高まっていることも一因です。CNBCは12月に報告しました。

特に、クレイマーは、一部の若いトレーダーが主にオプションを取引する可能性について懸念を表明しました。彼は、2022年までの市場の挑戦的なスタートの間にそれが特に気になる影響を持っていると言いました。

「この困難な時期にコールオプションを購入する場合、今日の午後のラリーを除いて、実際にはエッジなしで大量の追加リスクを引き受けることでリターンをターボチャージできる紙片は、おそらく途方もない損失を被っています。特に過去10日間の金額」とCramer氏は述べています。

若い投資家にとってより良い戦略は、長期的に実際の株式に投資することです、とクレイマーは言いました。彼は一例として、木曜日の夜に四半期ごとの数字も報告しているAppleを指摘した。

「ロビンフッドのオプションをいじくり回すのではなく、アップルのような高品質の株にしっかりと座って、人々がそれをあきらめたときにもっと蓄積する必要があります」とクレイマーは言いました。「何年も何年も何年もかけて徐々に報われるアップルのような高品質の普通株のゆっくりとした着実な上昇を追いかける方がはるかに良いと思います」と彼は言いました。

 

暗号資産も同様

新型コロナ: コロナ・バブルが終わるとき 暗号資産が告げる宴の後: 日本経済新聞

 

 

「結局そういうこと」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村