ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

購入するのに十分安い株

ジム・クレイマーは、これらの打撃を受けた株は収益性が高く、今では購入するのに十分安く見えると言います

 

www.cnbc.com

 

<キ-ポイント>

CNBCのジム・クレイマーは水曜日に、今や購入するのに十分安いと彼が信じている殴打された株のリストを提供した。


「マッドマネー」のホストはラッセル3000をふるいにかけ、50倍未満の収益で売られている高値から50%以上下がっている株を見つけました。

 

 

Eleven companies worth $10 billion or more meet Cramer’s criteria: Moderna, Zoom Video, Biogen, Twitter, Rocket Companies, ViacomCBS, Pinterest, Etsy, Discovery, Enphase and Clarivate.

Cramer said he likes Etsy as a play on e-commerce and Enphase in the solar industry. “I think those are actually buys,” he said. He added that he thinks Twitter is “really interesting” and Pinterest may be a buy but it needs some time.

100億ドル以上の価値がある11社がCramerの基準を満たしています:Moderna、Zoom Video、Biogen、Twitter、Rocket Companies、ViacomCBS、Pinterest、Etsy、Discovery、Enphase、Clarivate。

Cramerは、Etsyがeコマースやソーラー業界のEnphaseでのプレイとして好きだと述べました。「それらは実際には購入だと思います」と彼は言いました。彼は、Twitterは「本当に面白い」と考えており、Pinterestは購入かもしれないが、しばらく時間がかかると付け加えた。

 

Ten firms valued between $5 billion and $10 billion passed the Cramer benchmark: AVIS Budget, UWM Holdings, Upstart, Penn National, Maravai Lifesciences, Gap, Altice USA, Playtika Holding, Novavax and Boston Beer.

Cramer said to stay away from most of those stocks right now, including UWM Holdings, Penn National and Novavax.

Financial technology player Upstart, on the other hand, may have gotten ahead of itself last year, Cramer said. “I don’t know if it’s cheap [at] 43 times earnings, but they’re real ... so we’re going to stick with that,” he said.

50億ドルから100億ドルの価値がある10社がCramerベンチマークに合格しました:AVIS Budget、UWM Holdings、Upstart、Penn National、Maravai Lifesciences、Gap、Altice USA、Playtika Holding、Novavax、BostonBeer。

クレイマー氏は、UWMホールディングス、ペンナショナル、ノババックスなど、現在これらの株のほとんどから離れていると述べた。

一方、金融テクノロジーのプレーヤーであるUpstartは、昨年、先行していた可能性があるとCramer氏は述べています。「43倍の収益が安いかどうかはわかりませんが、それは本物です...だから私たちはそれに固執するつもりです」と彼は言いました。

 

There are 89 companies that meet Cramer’s criteria of being down more than 50% from the highs and trading at less than 50 times earnings. Cramer only spoke of the stocks he finds intriguing, including digital apparel retailer Revolve Group, which he thinks has been “unfairly punished” despite the fact its most recent quarter was strong.

He also mentioned Bed Bath & Beyond and Ollie’s Bargain Outlet, suggesting retailers “could all be worth more than we think” in light of Kohl’s receiving two takeover bids.

Cramer said he bets automotive tech supplier Cerence “bounces back” as the semiconductor crunch eases and vehicle production ramps up.

Torrid, a direct-to-consumer brand with a focus on plus-sized apparel, “could be a winner,” Cramer said, noting the company’s stock trades just above $8 even though it expects to earn about $1 per share this year.

高値から50%以上下落し、収益の50倍未満で取引するというCramerの基準を満たす89社があります。クレイマー氏は、最近の四半期が好調だったにもかかわらず「不当に罰せられた」と考えているデジタルアパレル小売業者のリボルブグループを含め、興味をそそる株についてのみ語った。

彼はまた、Bed Bath&BeyondとOllieのバーゲンアウトレットについて言及し、 Kohlが2回の買収入札を受けたことを考えると、小売業者は「私たちが考える以上の価値がある可能性がある」と示唆しました。

クレイマー氏は、半導体の危機が緩和され、自動車の生産が増加するにつれて、自動車技術サプライヤーのセレンスが「跳ね返る」と賭けていると語った。

プラスサイズのアパレルに焦点を当てた直接販売ブランドのTorridは、「勝者になる可能性がある」と述べ、今年の1株あたりの収益は約1ドルになると見込んでいるものの、同社の株取引は8ドルをわずかに上回っていると述べた。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村