ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【悲報】オミクロンの次の変異種は伝染性が高い

次のCovidバリアントは、オミクロンよりも伝染性が高くなりますが、問題は、それがより致命的であるかどうかです、とWHOは言います

www.cnbc.com

<キーポイント>

  • WHOの公式MariaVan Kerkhoveは、ウイルスが以前の亜種よりも病気を軽減するより穏やかな株に変異し続けるという理論に対して警告しました。
  • WHOの緊急プログラム責任者であるマイク・ライアン博士は、ウイルスはパターンに落ち着く前に進化し続けるだろうと語った。
  • ファイザーとバイオエヌテックは火曜日に、特にオミクロン変異体を標的とするコビッドワクチンのテストを開始しました。

 

 

What’s more, the next iteration of Covid may also evade vaccine protections even more, making the existing vaccines even less effective.

Pfizer and BioNTech on Tuesday started testing a Covid vaccine that specifically targets the omicron variant, as concerns grow that the current shots aren’t holding up against infections and mild illness caused by the strain discovered just over two months ago.

The U.S. Centers for Disease Control and Prevention found in a study published last week that a booster dose of Pfizer’s vaccine was 90% effective at preventing hospitalization from omicron 14 days after the third shot was administered.

Booster doses are also up to 75% effective at preventing symptomatic infection from omicron two to four weeks after the third shot, according to data from the U.K. Health Security Agency published earlier this month. However, the study found that boosters weaken substantially after about 10 weeks, providing 45% to 50% protection against symptomatic infection.

While omicron appears to have peaked in some countries, it’s gaining ground in others, WHO officials said. “You won’t have to wear a mask forever and you won’t have to physically distance, but for now, we need to keep doing this,” Van Kerkhove said.

The virus will continue to evolve before it settles into a pattern, said Dr. Mike Ryan, WHO’s director of emergency programs. He said it will hopefully settle into a low level of transmission with potentially occasional epidemics. It could become more seasonal or may only affect vulnerable groups, he said.

The problem, he said, is that Covid is unpredictable.

“The virus has proven to give us some nasty surprises,” Ryan said. World health officials need to continue tracking Covid as it evolves, he said, and be ready “if there’s a nasty surprise that we can at least put in place measures again that will stop this new variant doing any more damage.”

Covidの次の反復では、ワクチン保護をさらに回避する可能性があり、既存のワクチンの効果がさらに低下する可能性があります。

ファイザー と バイオエヌテック は火曜日に、特に2か月前に発見された菌株によって引き起こされた感染症や軽度の病気に現在の注射が耐えられないという懸念が高まっているため、オミクロン変異体を特異的に標的とするCovidワクチンのテストを開始しました。

米国疾病予防管理センターは先週発表された研究で、ファイザーのワクチンの追加接種が、3回目の注射が行われてから14日後にオミクロンによる入院を防ぐのに90%効果的であることがわかりました。

今月初めに発表された英国健康安全保障局のデータによると、ブースター効果は、3回目の注射から2〜4週間後にオミクロンによる症候性感染を予防するのにも最大75%効果的です。しかし、この研究では、ブースターは約10週間後に大幅に弱まり、症候性感染に対して45%から50%の防御を提供することがわかりました。

WHOの関係者によると、オミクロンは一部の国でピークに達したように見えますが、他の国では定着しつつあります。「マスクを永遠に着用する必要はなく、物理的に距離を置く必要もありませんが、今のところ、これを継続する必要があります」とヴァンケルホフは言いました。

WHOの緊急プログラム責任者であるマイク・ライアン博士は、ウイルスはパターンに落ち着く前に進化し続けるだろうと語った。彼は、それが潜在的に時折の流行を伴う低レベルの感染に落ち着くと期待していると述べた。それはより季節的になるか、脆弱なグループにのみ影響を与える可能性があると彼は言った。

問題は、Covidが予測できないことだと彼は言った。

「ウイルスは私たちにいくつかの厄介な驚きを与えることが証明されています」とライアンは言いました。世界の保健当局は、Covidが進化するにつれて追跡を続ける必要があり、「この新しい亜種がこれ以上の被害を与えるのを防ぐために、少なくとももう一度対策を講じることができるという厄介な驚きがあった場合」に備える必要があります

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村