ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

月曜日の下落を買うことは正しい

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマーは、月曜日の早い下落の間に購入した投資家は、たとえ株式市場が後でその安値を再テストしたとしても、その選択に満足するはずだと信じています。


「マッドマネー」のホストのコメントは、最終的には彼が投資規律の概念と呼んだものに基づいています。


「時々、何も機能しないように感じます。...そのような気持ちになったとき...株を売るのではなく、買う必要があります。見た目ほど悪くなることはほとんどないからです」とクレイマー氏は述べています。

 

 

 

Wall Street mounted a remarkable comeback during Monday’s session, and CNBC’s Jim Cramer believes investors who bought during the early declines should be content with that choice even if the stock market later retests its lows.

“These kinds of bottoms tend to be revisited, as the [S&P 500 has] now fallen 10% from its high, and those who bought at the lows today will scalp their gains” early in Tuesday’s session, the “Mad Money” host predicted.

“But the bottom line: If you bought into today’s weakness as I’ve been telling you to do, ... if you bought into what sure looked like a crescendo of selling, then I think you’ll end up being happy with your decision,” Cramer added.

Cramer’s comments Monday ultimately rest on what he called the concept of investment discipline.

“Sometimes, it feels like nothing works. Valuation? No. Sentiment? No. Earnings? No. When you get that feeling ... you have to buy stocks, not sell them, because it’s almost never as bad as it seems,” Cramer said.

On Monday, the Dow Jones Industrial Average was down about 1,100 points before turning around and finishing higher by 99 points. The Nasdaq Composite advanced 0.6% Monday after being down 4.9% earlier.

“At the bottom today, the sellers weren’t just afraid of the bear; they were afraid of a recession. The market goes down endlessly when there are recession worries, but it almost always overshoots,” Cramer contended.

A portion of the weakness on Wall Street is likely tied to the Federal Reserve’s two-day policy meeting that begins Tuesday and is set to conclude Wednesday, Cramer said. He contended some investors are worried that Fed Chair Jerome Powell will adopt a more hawkish stance on inflation, so they’re selling stocks to get ahead of it.

“At the time it seemed like a very rational approach, but since when is the stock market rational?” Cramer asked, rhetorically. Instead, he stressed that to navigate this kind of choppy market, investors need to know prices at which they think a stock is attractive and then pull the trigger on buying it when it reaches that level.

“That’s a form of discipline. It’s a discipline for me. It’s worked in practically every downturn except the Great Recession. It certainly worked well today,” Cramer said.

ウォール街は月曜日のセッション中に目覚ましい復活を遂げ、CNBCのジム・クレイマーは、株式市場が後で安値を再テストしたとしても、初期の下落の間に購入した投資家はその選択に満足すべきだと信じています。

火曜日のセッションの早い段階で、「 [S&P 500]が高値から10%下落し、今日安値で購入した人は利益を頭皮に落とすため、この種の底は再考される傾向があります」と、「マッドマネー」ホストは予測しました。

「しかし、結論としては、私が言ってきたように、今日の弱点を受け入れた場合、...確かに売りのクレッシェンドのように見えたものを受け入れた場合、あなたはあなたの満足に終わると思います決定」とクレイマーは付け加えた。

月曜日のCramerのコメントは、最終的には彼が投資規律の概念と呼んだものに基づいています。

「時々、何も機能しないように感じます。評価?いいえ、感情ですか?いいえ、収益は?いいえ。そのような気持ちになったときは、株を売るのではなく、買う必要があります。見た目ほど悪くなることはほとんどないからです」とクレイマー氏は述べています。

月曜日のダウ工業株30種平均は約1,100ポイント下落した後、好転し、99ポイント上昇しました。ナスダックは4.9%、以前のダウンされた後の月曜日の0.6%を進めました。

「今日の一番下では、売り手はクマを恐れているだけではありませんでした。彼らは不況を恐れていました。景気後退の懸念があると市場は際限なく下落しますが、ほとんどの場合、それは行き過ぎです」とクレイマーは主張しました。

クレイマー氏によると、ウォール街の弱点の一部は、火曜日に始まり水曜日に終了する予定の連邦準備制度理事会の2日間の政策会議に関連している可能性が高い。彼は、一部の投資家は、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長がインフレに対してよりタカ派のスタンスを採用することを懸念しているため、それを先取りするために株式を売却していると主張した。

「当時は非常に合理的なアプローチのように見えましたが、株式市場はいつから合理的ですか?」クレイマーは修辞的に尋ねた。代わりに、この種の不安定な市場をナビゲートするには、投資家は株式が魅力的であると考える価格を知り、そのレベルに達したときにそれを購入するきっかけを引く必要があると強調しました。

「それは一種の規律です。それは私にとっての規律です。大不況を除いて、実質的にすべての不況で機能しました。今日は確かにうまくいった」とクレイマーは語った。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村