ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ディズニー株の買い推奨

ジム・クレイマーは、Netflixのネガティブなニュースで株式が下落した後、ディズニーを買うと述べています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は金曜日、ディズニーでの売却を投資家にとっての購入機会と見なしていると語った。


「私は、協会による罪の誤謬で倒された株を所有したいと思っています。それが今日のディズニーに起こったことです」と、「マッドマネー」のホストは言いました。


Netflixの加入者数の伸びが鈍化すると予測したため、株価が急落し、Disneyのような他のストリーミングプレーヤーも落ち込んだ。

 

 

CNBC’s Jim Cramer said Friday he views the sell-off in Disney as a buying opportunity for investors.

Shares of the media and entertainment giant fell 6.94%, hitting a fresh 52-week low during the session. However, the “Mad Money” host said he would not shy away from the stock because its steep decline appeared tied to Netflix’s forecast of slowing subscriber growth.

Netflix’s outlook — offered Thursday night when the company reported earnings — spooked investors, and the company’s shares plunged 21.8% Friday.

“I want to own the stocks of longstanding, great Americans that are brought down in a guilt-by-association fiasco, and that’s exactly what happened to the stock of Disney today,” Cramer said, while noting he was prevented from adding to his charitable trust’s position in Disney on Friday because he mentioned the stock on TV in the morning. Cramer’s ethics policy is that he waits 72 hours before executing a trade in a stock that he discusses on CNBC’s TV shows.

Cramer’s trust bought back into Disney in September, about three months after exiting its position entirely for the first time in 16 years. The trust added to the stock in late November and then again in December.

Cramer acknowledged Friday that he’s “been too early” on Disney, alluding to the fact the stock is trading lower than when the trust made its buys.

“But it’s time to stop conflating speculative stories with investment-grade stories. Many stocks that have bee annihilated here belong to companies that don’t have much in the way of earnings, companies that mostly trade on hype or hope,” Cramer said.

He said he sees a range of speculative assets — including cryptocurrencies and stocks that went public through a reverse merger with a special purpose acquisition company — that deserve to be struggling right now, as Wall Street prepares for likely interest rate hikes from the Federal Reserve.

“But you can’t just extrapolate the weakness of one company which has done very well, Netflix, with a whole host of other companies with great brand names that make fantastic products and generate good earnings, like Disney,” Cramer said.

“I am not saying that Netflix isn’t worth owning. At some price, it sure will be,” he added. “I am saying that there are plenty of high-quality companies that were poleaxed today because of Netflix, and those were the best ones to buy.”

CNBCのジム・クレイマー氏は金曜日、ディズニーでの売却を投資家にとっての購入機会と見なしていると語った。

メディアとエンターテインメントの巨人のシェアは6.94%減少し、セッション中に52週間の安値を更新しました。しかし、「マッドマネー」のホストは、急落がNetflixの加入者数の伸びの鈍化の予測に関連しているように見えたため、株価を躊躇しないと述べました。

Netflixの見通し(同社が収益を報告した木曜日の夜に提示された)は投資家を驚かせ、同社の株式は金曜日に21.8%急落した。

「私は、協会の大失敗で倒された長年の偉大なアメリカ人の株を所有したいと思っています。それが今日のディズニーの株に起こったことです」とクレイマーは言いました。彼が午前中にテレビで株に言及したので、金曜日のディズニーでの公益信託の位置。クレイマーの倫理方針は、CNBCのテレビ番組で話し合っている株式の取引を実行する前に72時間待つことです。

クレイマーの信頼は、16年ぶりに完全にその地位を離れてから約3か月後の9月にディズニーに買い戻されました。信託は11月下旬に株式に追加され、その後12月に再び追加されました。

クレイマー氏は金曜日、ディズニーで「早すぎた」ことを認め、信託が購入したときよりも株価が低く取引されていることをほのめかしている。

「しかし、投機的なストーリーと投資適格債のストーリーを混同するのをやめる時が来ました。ここでミツバチが絶滅した多くの株は、収益の面であまり多くを持っていない会社、主に誇大広告や希望で取引している会社に属しています」とCramerは言いました。

ウォール街が連邦準備制度理事会からの利上げの可能性に備えているため、特別買収会社との逆合併によって公開された暗号通貨や株式など、さまざまな投機的資産が今は苦戦するに値すると彼は述べた。

「しかし、ディズニーのように、素晴らしい製品を作り、良い収益を生み出す優れたブランド名を持つ他の多くの企業と、非常にうまくいった1つの企業Netflixの弱点を推測することはできません」とCramer氏は述べています。

「Netflixを所有する価値がないと言っているのではありません。ある程度の価格で、それは確かになるでしょう」と彼は付け加えました。「今日、Netflixのおかげで高品質の企業がたくさんあり、それらは購入するのに最適な企業だったと言っています。」

 

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村