ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

これらの5つの「古い技術」株は2022年に大きな年を迎える可能性がある

www.cnbc.com

 

 

 

 

<キーポイント>

CNBCのJimCramerは金曜日に、2022年に強力なリターンをもたらす可能性があると彼が信じている5つのレガシーテクノロジー企業の投資事例を提示しました。


「マッドマネー」のホストは、アップル、シスコ、IBM、マイクロソフト、オラクルを宣伝しました。


クレイマー氏によると、FRBが政策を引き締めたとしても、これらの企業はうまく機能するはずだという。

 

アップル
「昨年の株価は34%上昇しましたが、テクノロジーのメルトダウンのおかげで、今週初めに最高値から10ドル引き戻されました。Appleでこのような購入の機会を得るときはいつでも、それを取る必要があります」とCramer氏は述べています。

クレイマー氏は、サプライチェーンの問題が収まったら消費者が解き放つことができるという、うんざりした需要からアップルが恩恵を受けると信じていると語った。クレイマー氏によると、iPhoneメーカーの「モンスター」株買戻しプログラムは、FRBの引き締めを背景にさらに有益だという。

 

シスコ
投資家が同社の最近の決算報告を見過ごし始めたため、11月下旬からシスコのシェアは堅調に推移しているとクレイマー氏は語った。

「これらの最後の2四半期は、需要のために悪くはありませんでした。実際、エンタープライズテクノロジーへの支出が急増しています。問題はサプライチェーンの危機でした」と語った。クレイマー氏はまた、コンピューターネットワーキング会社のソフトウェアへの移行とそれに伴う経常収益の流れを宣伝した。

「[CiscoCEOChuck Robbins]は、2月から始まるCiscoの会計年度の後半に事態が好転し始めるはずだと述べています。彼は本物のストレートシューターなので、私は彼を信じる傾向がある」とクレイマーは語った。

 

IBM
クレイマー氏は、IBMが数週間で収益を報告したときにIBMの株が売り切れても驚かないと述べたが、長期的には好意的な見方をしている。

「IBMが好きな理由は2つあります。それは、信じられないほど安く、12倍の収益で売られていることと、Kindrylのスピンオフ後も、分割前の配当を維持していることです。つまり、株式の利回りは4.9%です。 「クレイマーは言った。

彼はまた、CEOのArvindKrishnaの「どんな犠牲を払っても価値を解き放つという使命」に参加していると語った。

 

マイクロソフト
「これは昨年約51%上昇したが、ここ数週間の売り切りのおかげで、ここで非常に良い購入機会を得ている。株価は11月下旬の高値から10%下がっている。通常はそうではない」起こる」と述べた。「マイクロソフトはまさに、FRBが経済を停止させるためにブレーキをかけ始めたときに機能するはずの具体的な技術ストーリーの一種です。」

 

オラクル
クレイマー氏は、2021年にブレイクアウトした後も、オラクルの株価は安いと考えていると語った。エンタープライズソフトウェアの巨人の最近の四半期は素晴らしかった、とクレイマー氏は語った。しかし、オラクルが 電子医療記録会社 Cernerを買収する計画に対してウォール街が否定的な反応を示したこともあり、株式は報告後の利益をあきらめました。

「これは最近の引き戻しが驚くべき価格であなたを受け入れさせたもう一つのことです」とCramerは言いました。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村