ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

一流の株式を選択する

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、FRBがよりタカ派のスタンスをとる可能性があるため、市場の幅が弱いことは大きな懸念事項ではないと述べた。

株を選ぶときに「今のところ、殴られた道から離れすぎないでください」と述べた。

 

CNBC’s Jim Cramer said Monday he’s not too concerned about weak market breadth, particularly ahead of the Federal Reserve’s final policymaking meeting of the year and a potentially more hawkish posture from the central bank.

“We can make money with a narrow market or one that has better breadth. We just have to recognize that as long as we have good earnings, which we do, and we have a Federal Reserve that’s not carpet-bombing the economy, assuming that’s still true on Wednesday, ... then there will be plenty of studs to pick from,” the “Mad Money” host said.

Cramer emphasized the need to own top-tier stocks, or the “studs” as he calls them, because there’s a better chance that the Fed moves up its timeline for interest rate hikes.

“Don’t go too far off the beaten path for now,” he said. For example, he said there are upstart companies involved in marketing and database management, “even though we’ve already had better versions of the same thing like Salesforce, Shopify or Oracle.”

“These better versions have much cheaper stocks — they trade on today’s earnings, not tomorrow’s sales,” he said, contending that’s an especially important criterion for successful stocks in a higher interest rate environment.

If the Fed does, in fact, embark on a hawkish tilt, Cramer said investors will “have fewer winners to pick from. There will still be studs, but the supporting cast will be smaller and many other players won’t be as productive — they might even go negative.”

CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、特に連邦準備制度理事会の今年の最終政策決定会議と中央銀行からの潜在的によりタカ派の姿勢に先立って、市場の幅の弱さについてあまり懸念していないと述べた。

「私たちは狭い市場またはより広い市場でお金を稼ぐことができます。私たちがしているように、私たちが良い収入を持っている限り、そして私たちが経済をじゅうたん爆撃していない連邦準備制度を持っている限り、それが水曜日にまだ真実であると仮定すると、私たちはただ認識しなければなりません... 「から選ぶ」と「マッドマネー」のホストは言った。

クレイマー氏は、FRBが利上げのタイムラインを引き上げる可能性が高いため、一流株、つまり「スタッド」を所有する必要性を強調しました。

「今のところ、殴られた道から離れすぎないでください」と彼は言いました。たとえば、彼は、「Salesforce、Shopify、Oracleなどの同じもののより良いバージョンがすでにあるにもかかわらず、マーケティングとデータベース管理に関与している新興企業がある」と述べました。

「これらのより良いバージョンは、はるかに安い株を持っています。それらは、明日の売り上げではなく、今日の収益で取引されます」と彼は言い、それが高金利環境で成功する株の特に重要な基準であると主張しました。

実際、FRBがタカ派の傾向に乗り出した場合、クレイマー氏は、投資家は「選べる勝者が少なくなるだろう」と述べた。スタッドはまだありますが、サポートキャストは小さくなり、他の多くのプレーヤーはそれほど生産的ではなくなり、ネガティブになる可能性さえあります。」

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村