ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

歴史は株式が依然として上昇する可能性

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

 

 

・金曜日のCNBCのジム・クレイマーは、連邦準備制度からの潜在的なタカ派の政策転換についての懸念にもかかわらず、投資家に市場に留まるよう促した。


・「FRBはもはやあなたの友人ではないかもしれませんが、それはあなたの敵にもなりませんでした」


・「最後の締め付けサイクルがガイドである場合、それは非常に長い間それを行いません」と彼は付け加えました。

 

CNBC’s Jim Cramer on Friday urged investors to remain in the market despite concerns about a potential hawkish policy shift from the Federal Reserve.

“The Fed may no longer be your friend, but it hasn’t turned into your enemy either, and if the last tightening cycle is any guide, it won’t do that for a very long time,” the “Mad Money” host said.

Cramer’s comments Friday follow government data released earlier in the day that showed inflation rose at its fastest clip since 1982 in November, jumping a more-than-expected 6.8% year over year. The consumer price index report comes a few days before the Fed’s policymaking arm holds its final meeting of the year on Tuesday and Wednesday.

金曜日のCNBCのジム・クレイマーは、連邦準備制度からの潜在的なタカ派の政策転換についての懸念にもかかわらず、投資家に市場に留まるよう促した。

「FRBはもはやあなたの友人ではないかもしれませんが、それはあなたの敵にもなりませんでした、そして最後の引き締めサイクルがガイドであるならば、それは非常に長い間それをしません」

クレイマーの金曜日のコメントは、インフレ率が1982年11月以来の最速のクリップで上昇し、前年比で予想以上に6.8%上昇したことを示したその日の早い時期に発表された政府データに続くものです。消費者物価指数の報告は、FRBの政策決定部門が火曜日と水曜日に今年の最終会議を開く数日前に行われます。

 

The Fed’s chief, Jerome Powell, has already signaled the central bank could accelerate the winding down of its bond-buying program. After Friday’s CPI print, Cramer said he wouldn’t be surprised to hear Powell talk Wednesday about the Fed’s rate hike agenda.

The prospect of higher interest rates may spook markets, Cramer said, but he stressed that investors need to remember that even recent history shows it’s not the end of the world for stocks.

“If you look at the whole period from the middle of 2015, when we started hearing rate-hike chatter like now from then Fed-chief Janet Yellen, through September of 2018, when the newly appointed Jay Powell practically declared war on the entire economy, the stock market had an incredible run,” Cramer said. “The S&P gained 41%, Dow gained 50%, and Nasdaq gained 61%.”

To be sure, Cramer said central bank policy can wreck the stock market, such as toward the end of 2018. But the damage typically occurs in the late stages of a tightening cycle, “not near the beginning where we are,” he said.

“If you sold stocks in 2015 because you were worried about a looming series of rate hikes and many did, you missed out on some tremendous gains over the following three years,” he said.

Market positioning becomes of the utmost importance when the Fed starts to tap the brakes, Cramer said.

“As we head into 2022, you want to own companies that make tangible things, sell them for a profit, especially if they return those profits to shareholders via dividends and buybacks,” he said

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル総裁は、中央銀行が債券購入プログラムの終了を加速する可能性があることをすでに示唆しています。金曜日の消費者物価指数の印刷後、クレイマー氏は、パウエル氏が水曜日にFRBの利上げ議題について話しているのを聞いても驚かないと述べた。

クレイマー氏は、金利上昇の見通しは市場を混乱させる可能性があると述べたが、投資家は最近の歴史でさえ株式の世界の終わりではないことを示していることを覚えておく必要があると強調した。

「2015年半ばから、FRBのジャネット・イエレン総裁が、新たに任命されたジェイ・パウエルが実質的に経済全体に戦争を宣言した2018年9月まで、今のように利上げのおしゃべりを聞き始めた全期間を見ると、 、株式市場は信じられないほどの動きを見せた」とクレイマー氏は語った。「S&Pは41%上昇し、ダウは50%上昇し、ナスダックは61%上昇しました。」

確かに、クレイマー氏は、中央銀行の政策は、2018年末など、株式市場を崩壊させる可能性があると述べた。

「迫り来る一連の利上げを心配していたために2015年に株を売った場合、多くの人がそうしましたが、その後の3年間でいくつかの途方もない利益を逃しました」と彼は言いました。

クレイマー氏によると、FRBがブレーキをかけ始めると、市場でのポジショニングが最も重要になります。

「私たちが2022年に向かうとき、あなたは具体的なものを作り、利益のためにそれらを売る会社を所有したいと思っています。特に彼らが配当と買い戻しによってそれらの利益を株主に還元する場合」と彼は言いました。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村