ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

株式の「スピードバンプ」の可能性

www.cnbc.com

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマーは水曜日に、ウォール街が2021年を高音で終わらせる前に、いくつかの「スピードバンプ」にぶつかる可能性があると述べた。
・彼の公益信託の勝利ポジションのいくつかで利益を上げることによって、その可能性に備えていると言いました。

 

 

 

 

CNBC’s Jim Cramer said Wall Street may hit a few “speed bumps” before it possibly closes 2021 on a high note, so he’s raising some cash to strategically deploy into potential weakness.

“As long as [Fed Chief] Jay Powell doesn’t threaten us with a series of lockstep rate hikes ... and as long as he recognizes that some of this inflation is indeed transitory ... then I think we’ll get some great buying opportunities, including one last leg down because the much-anticipated Santa Claus rally,” the “Mad Money” host said.

Cramer pointed to two possible events that could spook investors and cause a wave of selling in the near term, creating those aforementioned buying opportunities. The first is Friday’s consumer price index report from the Labor Department, while the second is a dramatic escalation in the situation involving Russia and Ukraine.  

After considering both events, Cramer said the decision was made to trim some of his charitable trust’s most successful positions, so it has ample dry powder. On Tuesday, in particular, the investment trust sold 25 shares of Estee Lauder and 200 shares of Marvell Technology.

Cramer stressed that he didn’t sell those shares because was “truly worried” about Friday’s CPI report showing much-hotter-than-expected inflation or geopolitical tensions. The trust “took some profits because they were right to take,” he said.

“I’m an optimist. I’ve watched the Dow go from 1,000 to 35,000 in the course of my professional lifetime,” Cramer said. “I am concerned, but I am not worried. We raised some cash because I anticipate panic when other people get worried and stoke fear in the media.”

CNBCのジム・クレイマー氏は、ウォール街が2021年を高値で閉じる前に、いくつかの「スピードバンプ」にぶつかる可能性があると述べたため、潜在的な弱点に戦略的に展開するためにいくらかの現金を調達しています。

「[FRBのチーフ]ジェイ・パウエルが一連のロックステップ率の引き上げで私たちを脅かさない限り...そして彼がこのインフレの一部が実際に一時的なものであることを認識している限り...待望のサンタクロースが集結したため、最後の1足が下がるなど、素晴らしい購入機会があります」と、「マッドマネー」のホストは述べています。

Cramerは、投資家を驚かせ、短期的に売りの波を引き起こし、前述の購入機会を生み出す可能性のある2つのイベントを指摘しました。1つ目は労働省からの金曜日の消費者物価指数レポートであり、2つ目はロシアとウクライナが関与する状況の劇的な上昇です。  

両方の出来事を検討した後、クレイマーは、彼の公益信託の最も成功したポジションのいくつかをトリミングすることが決定されたので、十分なドライパウダーを持っていると言いました。特に火曜日に、投資信託はエスティローダーの25 株とマーベルテクノロジーの200株を売却しました 。

クレイマー氏は、金曜日の消費者物価指数が予想よりもはるかに高いインフレや地政学的緊張を示していることを「本当に心配していた」ため、これらの株を売却しなかったと強調した。トラストは「彼らが取るのが正しいので、いくらかの利益を得た」と彼は言った。

「私は楽観主義者です。ダウがプロとしての生涯で1,000から35,000に上昇するのを見てきました」とCramer氏は述べています。「私は心配していますが、心配していません。他の人が心配してマスコミに恐れを抱くとパニックになると思うので、私たちはいくらかの現金を集めました。」

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村