ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

11月の雇用の伸びはわずか21万人の増加

www.cnbc.com

 

The U.S. economy created far fewer jobs than expected in November, before a new Covid threat created a scare that growth could slow into the winter, the Labor Department reported Friday.

Nonfarm payrolls increased by just 210,000 for the month, though the unemployment rate fell sharply to 4.2% from 4.6%, even though the labor force participation rate increased for the month to 61.8%, its highest level since March 2020.

The Dow Jones estimate was for 573,000 new jobs and a jobless level of 4.5% for an economy beset by a chronic labor shortage.

労働省は金曜日に、新たなコビッドの脅威が冬に成長が鈍化する恐れを生み出す前に、米国経済は11月に予想されたよりもはるかに少ない雇用を生み出したと報じた。

非農業部門雇用者数は月間21万人増加しましたが、失業率は4.6%から4.2%に急落しましたが、労働力率は2020年3月以来の最高水準である61.8%に増加しました。

ダウジョーンズの推定は、573,000の新規雇用と、慢性的な労働力不足に悩まされている経済の4.5%の失業率でした。

 

 

 

 

 

 

 

A more encompassing measure of unemployment that includes discouraged workers and those holding part-time jobs for economic reasons dropped even more, tumbling to 7.8% from 8.3%. The survey of households painted a more optimistic jobs picture, indicating an employment gain of 594,000 for the month.

Leisure and hospitality, which includes bars, restaurants, hotels and similar businesses, saw a gain of just 23,000 after being a leading job creator for much of the recovery.

Despite the disappointment, markets largely shrugged off the numbers, with stocks pointing to a higher open on Wall Street.

Initial jobs tallies this year have seen substantial revisions, with months showing low counts initially often bumped higher. The October and September counts were bumped up a combined 82,000 in the report released Friday.

Sectors showing the biggest gains in November included professional and business services (90,000), transportation and warehousing (50,000) and construction (31,000). Even with the holiday shopping season approaching, retail saw a decline of 20,000.

Policymakers have been watching the employment figures closely to gauge how close the economy is to a full recovery from the depths of the pandemic. The U.S. suffered its shortest but steepest recession in the early days of the Covid-19 breakout and has been on a progressive but volatile path since.

Federal Reserve officials put a new wrinkle into the picture this week when they indicated that the measures they instituted to support growth could be coming to an end sooner than expected.

In congressional testimony earlier in the week, Fed Chairman Jerome Powell said he expects the central bank’s policy committee to discuss at its meeting its month stepping up the level at which it is tapering its monthly bond purchases. Powell said he sees the unwinding to conclude “a few months” sooner than expected, a move that would open the possibility for interest rate hikes.

San Francisco Fed President Mary Daly backed up those comments in remarks Thursday, saying that inflation that is stronger and more durable than expected is creating the need to rethink policy. She said the Fed should “at least, you know, think about raising the interest rate” and accelerating the taper pace.

Daly also hinted that the summary of economic projections to be released this month, in which officials show their expectations for the future, likely will point to interest rate hikes pulled forward into 2022. Markets currently expect the Fed to enact at least two quarter-percentage-point increases next year.

就業意欲喪失者や経済的理由でパートタイムの仕事をしている労働者を含む、より包括的な失業率はさらに低下し、8.3%から7.8%に転落しました。家計の調査は、より楽観的な仕事の絵を描き、その月の雇用の増加は594,000であることを示しています。

バー、レストラン、ホテル、および同様のビジネスを含むレジャーとホスピタリティは、回復の大部分で主要な雇用創出者となった後、わずか23,000の増加を見ました。

失望にもかかわらず、市場はウォール街でより高いオープンを指している株で、大部分は数をすくめました。

今年の最初の仕事の集計では大幅な修正が行われ、最初は数が少ない月が頻繁に高くなっています。金曜日に発表されたレポートでは、10月と9月のカウントが合計82,000に増加しました。

11月に最大の増加を示したセクターには、専門およびビジネスサービス(90,000)、輸送および倉庫(50,000)、建設(31,000)が含まれます。ホリデーシーズンが近づいても、小売は2万人減少しました。

政策立案者は、パンデミックの深さからの完全な回復に経済がどれほど近いかを測定するために、雇用の数字を注意深く見守っています。米国は、Covid-19の流行の初期に最も短いが最も急な不況に見舞われ、それ以来、進歩的ではあるが不安定な道を歩んでいます。

連邦準備制度理事会は今週、成長を支援するために実施した措置が予想よりも早く終了する可能性があることを示したときに、新たなしわを付けました。

今週初めの議会の証言で、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、中央銀行の政策委員会がその月の会合で、毎月の債券購入を漸減するレベルを引き上げることについて話し合うことを期待していると述べた。パウエル氏は、金利引き上げの可能性を開く動きである、予想よりも早く「数ヶ月」を結論付けるための巻き戻しを見ていると述べた。

サンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁は木曜日の発言でこれらのコメントを支持し、予想よりも強く、より耐久性のあるインフレが政策を再考する必要性を生み出していると述べた。彼女は、FRBは「少なくとも、あなたが知っているように、金利を上げることを考えるべきであり」、そして先細りのペースを加速するべきであると言いました。

デイリー氏はまた、当局が将来への期待を示している今月発表される経済予測の要約は、2022年に前倒しされた利上げを示している可能性が高いとほのめかした。市場は現在、連邦政府が少なくとも4分の2パーセントを制定すると予想している-来年はポイントが上がります。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村