ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

パニックは投資戦略ではありません

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏によると、投資家は落ち着いて製薬会社を信頼し、Covidオミクロンの亜種を打ち負かすために必要な追加のソリューションを開発する必要があるという。


・「私が科学を信頼すると言うとき、それは必ずしも...株式市場を買うことを意味するわけではありません。しかし、それは間違いなくパニックにならないことを意味します」と「マッドマネー」のホストは言いました。

 

CNBC’s Jim Cramer said Monday investors need to remain calm and trust in drug companies to develop any additional solutions needed to beat back the newly detected Covid omicron variant.

“When I say trust the science, that doesn’t necessarily mean ... buy the stock market. But it most certainly means do not panic,” the “Mad Money” host said.

“Those who panicked and sold into the maelstrom” that was Friday’s sell-off are likely already regretting it, he added, shortly after the S&P 500 rose 1.3% on Monday.

CNBCのジム・クレイマー氏は、月曜日の投資家は、新たに検出されたCovid omicronバリアントを打ち負かすために必要な追加のソリューションを開発するために、落ち着いて製薬会社を信頼する必要があると述べた。

「私が科学を信頼すると言うとき、それは必ずしも...株式市場を買うことを意味するわけではありません。しかし、それは間違いなくパニックにならないことを意味します」と「マッドマネー」のホストは言いました。

金曜日の売り切りであった「パニックに陥り、大渦に売り込まれた人々」は、月曜日にS&P 500が1.3%上昇した直後に、すでにそれを後悔している可能性が高いと彼は付け加えた。

 

 

Cramer acknowledged the omicron variant may have economic consequences and stressed the need for investors to prepare for multiple scenarios, including a slowdown that favors stocks such as Amazon.

However, at this point, Cramer said there’s no reason to make investment decisions out of fear, which he contended took place Friday when the Dow Jones Industrial Average posted its worse session since October 2020.

In addition to his faith in vaccine makers, Cramer also expressed confidence in Federal Reserve Chairman Jerome Powell to monitor the variant’s impact on the economy and to steer monetary policy accordingly.

“The last two sessions were yet another demonstration that panic is not a strategy for you. It’s not a strategy at all,” Cramer said. “Am I worried about the omicron variant? Sure, I’m not an idiot, but we’ve seen this movie before and we know how it ends.”

クレイマーは、オミクロンの変種が経済的影響を与える可能性があることを認め、投資家がアマゾンなどの株式を支持する減速を含む複数のシナリオに備える必要があることを強調しました。

しかし、現時点で、クレイマー氏は、ダウ工業株30種平均が2020年10月以来の最悪のセッションを発表した金曜日に行われたと主張し、恐れから投資決定を下す理由はないと述べた。

ワクチンメーカーへの信頼に加えて、クレイマーはまた、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が、この亜種の経済への影響を監視し、それに応じて金融政策を推進することへの信頼を表明しました。

「最後の2つのセッションは、パニックがあなたにとって戦略ではないことを示すもう1つのデモンストレーションでした。それはまったく戦略ではありません」とCramerは言いました。「私はオミクロンの亜種について心配していますか?確かに、私はばかではありませんが、私たちは以前にこの映画を見たことがあり、それがどのように終わるかを知っています。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村