ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

南アフリカ変異体

WHOは特別会議を招集し、南アフリカで発見された「多数の突然変異」を伴う新しいCovid変異体について話し合う

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・WHOは新しいCovidの亜種を監視しており、ワクチンと治療にとってそれが何を意味するのかを議論するために金曜日に特別会議を予定していると当局者は述べた。


・B.1.1.529と呼ばれる亜種は、南アフリカで少数検出されています。


・南アフリカの科学者は、体内の細胞に結合するウイルスの一部であるスパイクタンパク質に30の変異を検出しました。これは、ワクチンの有効性と伝染性に影響を与える可能性があります。

 

 

The monitoring of the new variant comes as Covid cases surge around the world heading into the holiday season, with the WHO reporting hot spots in all regions and particularly in Europe.

The U.K. announced it would ban flights from six African countries, including South Africa, starting midday Friday.

The UK Health Security Agency “is investigating a new variant,” Health Secretary Sajid Javid said Thursday in a tweet announcing the travel restrictions. “More data is needed but we’re taking precautions now.”

South African scientists have detected more than 30 mutations to the spike protein, the part of the virus that binds to cells in the body, South African scientist Tulio de Oliveira said in a media briefing hosted by the South Africa Department of Health on Thursday.

The B.1.1.529 variant contains multiple mutations associated with increased antibody resistance, which may reduce the effectiveness of vaccines, along with mutations that generally make it more contagious, according to slides he presented at the briefing. Other mutations in the new variant haven’t been seen until now, so scientists don’t yet know whether they are significant or will change how the virus behaves, according to the presentation.

新しい亜種の監視は、ホリデーシーズンに向けて世界中でCovidの症例が急増し、WHOがすべての地域、特にヨーロッパでホットスポットを報告しているときに行われます。

英国は、金曜日の正午から、南アフリカを含むアフリカの6か国からのフライトを禁止すると発表しました。

英国保健大臣は木曜日、渡航禁止令を発表したツイートで、「新しい亜種を調査している」と述べた。「より多くのデータが必要ですが、現在予防策を講じています。」

南アフリカの科学者トゥリオ・デ・オリベイラ氏は、南アフリカ保健省が木曜日に主催したメディアブリーフィングで、体内の細胞に結合するウイルスの一部であるスパイクタンパク質に30以上の変異を検出したと述べた。

ブリーフィングで発表したスライドによると、B.1.1.529バリアントには、抗体耐性の増加に関連する複数の変異が含まれているため、ワクチンの有効性が低下する可能性があります。プレゼンテーションによると、新しい変異体の他の変異は今まで見られなかったので、科学者はそれらが重要であるかどうか、またはウイルスの振る舞いを変えるかどうかをまだ知りません。

 

The variant has spread rapidly through the Gauteng province, which contains the country’s largest city of Johannesburg. 

“Especially when the spike happens in Gauteng, everybody travels in and out of Gauteng from all corners of South Africa. So it’s a given that in the next few days, the beginning of rising positivity rate and numbers is going to be happening. It’s a matter of days and weeks before we see that,” South Africa Minister of Health Joe Phaahla said during the briefing.

The variant has also been detected in Botswana and Hong Kong, Phaahla said. 

“Right now, researchers are getting together to understand where these mutations are in the spike protein and the furin cleavage site, and what that potentially may mean for our diagnostics or therapeutics and our vaccines,” Van Kerkhove said. She said there are fewer than 100 full genome sequences of the new mutation.

The virus evolution working group will decide if B.1.1.529 will become a variant of interest or a variant of concern, after which the WHO would assign the variant a Greek name, Van Kerkhove said.

“It’s really important that there are no knee-jerk responses here, especially with relation to South Africa,” Dr. Mike Ryan, executive director of the WHO’s emergencies program, said.

この亜種は、国内最大の都市ヨハネスブルグを含むハウテン州全体に急速に広まりました。 

「特にハウテンで急上昇が起こったとき、誰もが南アフリカの隅々からハウテンを出入りします。したがって、今後数日で、陽性率と数の上昇が始まります。それがわかるまでには数日から数週間かかります」と南アフリカのジョー・ファーラ保健相はブリーフィングの中で述べました。

亜種はボツワナと香港でも検出されている、とファーラ氏は語った。 

「現在、研究者たちは、これらの変異がスパイクタンパク質とフューリン切断部位のどこにあるのか、そしてそれが私たちの診断や治療法、そして私たちのワクチンにとって何を意味するのかを理解するために集まっています」とヴァンケルホーブは言いました。彼女は、新しい突然変異の完全なゲノム配列は100未満であると述べました。

ウイルス進化ワーキンググループは、B.1.1.529が関心のある変異株になるか、懸念される変異株になるかを決定し、その後、WHOはその変異株にギリシャ語の名前を割り当てるとヴァンケルホーブ氏は述べた。

「特に南アフリカに関して、ここでひざまずく反応がないことが非常に重要です」と、WHOの緊急プログラムの常務理事であるマイク・ライアン博士は言いました

 

 

「香港から日本に入るのも時間の問題か」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村