ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ドイツ、ロックダウン阻止なるか

www.cnbc.com

 

 

<キーポイント>

・ドイツの死者数は現在10万人を超えていますが、ドイツの次期連立政権は今のところ封鎖に抵抗しています。


・ドイツは木曜日に75,000以上の新しい感染を伴う膨大な数の新しいCovid症例を報告しました。


・過去24時間でさらに351人がウイルスで死亡した後、死者数は100,119人に達しました。

 

After the coalition’s deal and policy ambitions were announced Wednesday, Scholz signaled that the Covid crisis was an immediate priority for the government. He begun a news conference announcing the coalition deal by saying that the virus situation in Germany was serious and that the country would expand its vaccination campaign, including mandating vaccines for some people.

“Vaccination is the way out of this pandemic. In institutions where vulnerable groups are cared for, we should make vaccination compulsory,” Scholz said, without specifying further details. 

Meanwhile, incoming Finance Minister Christian Lindner stated that Germans should avoid all unnecessary contact this winter “to preserve all of our health in this pandemic.”

Germany has already tightened Covid rules amid the latest fourth wave of cases in the country.

Many states in Germany have already restricted access to public spaces like bars, restaurants, movie theaters and museums under “2G rules,” restricting access to only those who are vaccinated — “geimpft” in German — or recovered, “genesen.” A number of major German Christmas markets which have not been canceled this year have also adopted 2G rules.

On Wednesday, new measures came into force imposing “3G” rules on public transport and anyone going into a workplace, meaning that more public spaces are restricted to the vaccinated, the recently recovered, or those that have had a negative test (“getestet”).

連合の取り決めと政策の野心が水曜日に発表された後、ショルツはコビッド危機が政府の当面の優先事項であると合図した。彼は、ドイツのウイルス状況は深刻であり、一部の人々にワクチンを義務付けることを含め、国はワクチン接種キャンペーンを拡大すると述べて、連立協定を発表する記者会見を始めました。

「予防接種はこのパンデミックから抜け出す方法です。脆弱なグループが世話をされている施設では、予防接種を義務化する必要があります」とScholz氏は詳細を明記せずに述べました。 

一方、次期財務相のクリスティアン・リンドナーは、「このパンデミックで私たちの健康をすべて維持するために」、ドイツ人はこの冬の不必要な接触をすべて避けるべきだと述べた。

ドイツは、国内での最近の第4の事件の波の中で、すでにCovidの規則を厳しくしています。

ドイツの多くの州では、「2G規則」に基づいて、バー、レストラン、映画館、美術館などの公共スペースへのアクセスをすでに制限しており、ワクチン接種を受けた人(ドイツ語で「geimpft」)または回復した「genesen」のみにアクセスを制限しています。今年キャンセルされていない多くの主要なドイツのクリスマスマーケットも2Gルールを採用しています。

水曜日に、公共交通機関と職場に入るすべての人に「3G」規則を課す新しい措置が施行されました。つまり、より多くの公共スペースが、ワクチン接種済み、最近回復した、またはテストで陰性だったもの(「getestet」)に制限されます。 )。

 

 

If Germany opts for compulsory vaccinations in some settings, it will not be the first to do so. The U.K., France and Italy are among the countries that have adopted (or are introducing) compulsory vaccination for some sectors, such as health care or care home workers.

Still, compulsory vaccinations are a thorny subject and have many ethical considerations and Germany could expect to see a pushback against the move, as other countries have done.

Read more: Are Covid vaccine mandates ethical? Here’s what medical experts think

Germany has tried to encourage voluntary uptake of the Covid vaccination among its population yet it has one of the lower Covid immunization rates in western Europe, with 68.1% of its population fully vaccinated.

ドイツがいくつかの状況で強制予防接種を選択した場合、それが最初に行われるわけではありません。英国、フランス、イタリアは、ヘルスケアや介護施設の労働者など、一部のセクターで強制ワクチン接種を採用している(または導入している)国の1つです。

それでも、強制ワクチン接種は厄介な問題であり、多くの倫理的考慮事項があり、他の国が行ったように、ドイツはこの動きに対する反発を期待することができます。

続きを読む: Covidワクチンは倫理的ですか?これが医療専門家の考えです

ドイツは、人口の中でCovidワクチンの自発的な摂取を奨励しようとしましたが、西ヨーロッパではCovid免疫率が低く、人口の68.1%が完全にワクチン接種されています。

 

 

「土足文化も一因では?」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村