ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

もう1つの悪いインフレ報告

市場は修正から離れた「もう1つの悪いインフレ報告」である、とウォートンのジェレミー・シーゲルは警告している

 

www.cnbc.com

 

 

The consumer price index surged 6.2% in October, the Labor Department reported earlier this month. It marked the biggest gain in more than 30 years.

Siegel criticizes the Fed for being far behind the curve in terms of taking anti-inflationary action.

“Generally, since the Fed has not made any aggressive move at all, the money is still flowing into the market,” Siegel said. “The Fed is still doing quantitative easing.”

He speculates the moment of truth will happen at the Fed’s Dec. 14 to Dec. 15 policy meeting.

If it signals a more aggressive approach to contain rising prices, Siegel warns a correction could strike.

労働省は今月初めに、消費者物価指数が10月に6.2%急騰したと報じた。それは30年以上で最大の利益を記録しました。

シーゲル氏は、FRBがインフレ抑制策を講じるという点で時代遅れになっていると批判しています。

「一般的に、FRBは積極的な動きをまったく行っていないため、資金は依然として市場に流れ込んでいます」とシーゲル氏は述べています。「FRBは依然として量的緩和を行っています。」

彼は真実の瞬間がFRBの12月14日から12月15日の政策会議で起こるだろうと推測しています。

価格の上昇を抑えるためのより積極的なアプローチを示している場合、Siegelは修正が行われる可能性があると警告します。

 

‘There is no alternative’
Despite his concern, Siegel is in stocks.

“I am still pretty fully invested because, you know, there is no alternative,” he said. “Bonds are getting, in my opinion, worse and worse. Cash is disappearing at the rate of inflation which is over 6%, and I think is going higher.”

Siegel anticipates rising prices will stretch out over several years, with cumulative inflation reaching 20% to 25%.

「代替手段はありません」
彼の懸念にもかかわらず、シーゲルは在庫があります。

「私はまだかなり完全に投資されています。なぜなら、あなたが知っているように、代替手段がないからです」と彼は言いました。「私の意見では、債券はますます悪化しています。現金は6%を超えるインフレ率で消えつつあり、さらに高くなっていると思います。」

シーゲルは、価格の上昇が数年にわたって広がり、累積インフレ率が20%から25%に達すると予測しています。

 

“Even with a little bit of bumpiness in stocks, you have to be wanting to hold real assets in this scenario. And, stocks are real assets,” he noted. “All that which in the long run is going to maintain value.”

But it depends on the company.

He notes the inflation backdrop would create headwinds for tech high-flyers in the Nasdaq, which is at record highs and crossed 16,000 for the first time ever on Friday.

“If interest rates go up, the very high-priced stocks which discounts cash flows way into the future... [are] going to be affected because of the discounting mechanism,” he added.

Siegel attributes growth stocks’ record strength to Delta variant fears and falling Treasury yields. He predicts the Covid-19 surge will subside as more people get boosters.

“That has stopped the so-called reopening trade,” he said. “Value has gotten very cheap.”

If Siegel is right about an abrupt Fed policy change, he sees Wall Street getting over the shock of it fairly quickly and a new desire to own dividend stocks and financials in 2022.

″[Financials] have been selling off recently with the lower interest rates,” Siegel said. “They could come back.”

「株式が少しでこぼこしている場合でも、このシナリオでは実物資産を保有する必要があります。そして、株式は実物資産です」と彼は述べました。「長期的には価値を維持しようとしているすべてのもの。」

しかし、それは会社によって異なります。

彼は、インフレの背景が、金曜日に初めて16,000を超えた記録的な高さである、ナスダックのハイテクハイフライヤーに逆風を生み出すだろうと述べています。

「金利が上がると、キャッシュフローを割り引く非常に高額な株が将来的に影響を受けるだろう...割引メカニズムのために影響を受けるだろう」と彼は付け加えた。

シーゲルは、成長株の記録的な強さをデルタバリアントの懸念と財務省の利回りの低下に起因すると考えています。彼は、より多くの人々がブースターを得るにつれて、Covid-19の急増がおさまるだろうと予測しています。

「それはいわゆる再開貿易を止めました」と彼は言いました。「価値は非常に安くなっています。」

シーゲルがFRBの突然の政策変更について正しければ、ウォール街はそのショックをかなり早く乗り越え、 2022年に配当株と財務を所有したいという新たな願望を見るでしょう。

「[金融]は最近、低金利で売りに出されている」とシーゲル氏は語った。「彼らは戻ってくる可能性があります。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村