ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

メタバースが企業に現実世界で数十億ドルを節約

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・NvidiaのCEO、ジェンスン・ファンは金曜日にCNBCに、メタバースでシミュレーションを実行することで企業に現実世界の利益をもたらすことができると語った。


・「マッドマネー」のインタビューで、ファン氏は、企業がバーチャルリアリティユニバースの作成に積極的に投資するのはそのためだと述べました。


・「私たちは、シミュレートしていないという事実を過剰に補うために、たくさんのことを無駄にしています」と彼は言いました。

 

Companies are investing money into the creation of the so-called metaverse because it may ultimately save them significant chunks of change in the real world, Nvidia CEO Jensen Huang told CNBC’s Jim Cramer on Friday.

In an interview on “Mad Money,” Huang painted a vision of connected, virtual reality universes that go beyond facilitating recreation and commerce. Rather, Huang said he believes businesses can lean on the metaverse — or omniverse, which is Nvidia’s preferred term — to reduce wastefulness and increase operational efficiency.

“We waste a whole bunch of things to overcompensate for the fact that we don’t simulate. We want to simulate all factories in metaverses, in this omniverse. We want to simulate plants in omniverse. We want to simulate the world’s power grids in the omniverse,” Huang said.

NvidiaのCEO、ジェンスン・ファン氏は金曜日にCNBCのジム・クレイマー氏に語ったところによると、企業はいわゆるメタバースの作成に資金を投資している。

「マッドマネー」のインタビューで、黄はレクリエーションと商取引の促進を超えた、接続された仮想現実の宇宙のビジョンを描きました。むしろ、Huang氏は、企業は無駄を減らし、運用効率を高めるために、メタバース(またはNvidiaの推奨用語であるオムニバース)に頼ることができると信じていると述べました。

「私たちは、シミュレートしていないという事実を過剰に補うために、たくさんのことを無駄にしています。このオムニバースで、メタバースのすべてのファクトリをシミュレートしたいと思います。オムニバースの植物をシミュレートしたいと思います。オムニバースで世界の電力網をシミュレートしたい」と述べた。

 

“By doing that, we could decrease the amount of waste, and that’s the reason why the economics are so good for companies,” he continued. “They’re willing to invest a small amount of money to buy into this artificial intelligence capability but what they save is hopefully hundreds and hundreds and hundreds of billions of dollars.”

California-based Nvidia is the largest maker of graphics and artificial intelligence chips in the world. While demand for its semiconductors was already growing, increased attention and investment focused on the metaverse is a boon for Nvidia. That’s because the company’s chips play crucial roles in the computing devices that will run the metaverse.

The concept of the metaverse has been around for decades in science-fiction circles, but Wall Street is taking notice now that a number of technology giants such as Facebook-parent Meta are marshaling resources toward creating interactive, immersive virtual worlds.

Huang’s appearance on “Mad Money” comes two days after Nvidia reported better-than-expected earnings and revenue for its third quarter. Nvidia shares have been on a tear in recent weeks, driven at least partly by investor optimism on the metaverse. The stock is up 29% so far this month and 66.6% over the past three months.

Nvidia’s market capitalization now stands at $824.6 billion, making it the seventh most valuable company in the S&P 500.

「そうすることで、廃棄物の量を減らすことができ、それが企業にとって経済性が非常に良い理由です」と彼は続けました。「彼らはこの人工知能機能に購入するために少額のお金を投資する用意がありますが、彼らが節約するものは、うまくいけば、数千、数千、数千億ドルです。」

カリフォルニアを拠点とするNvidiaは、世界最大のグラフィックスおよび人工知能チップのメーカーです。半導体の需要はすでに伸びていますが、メタバースに焦点を当てた注目と投資の増加は、Nvidiaにとって恩恵です。これは、同社のチップがメタバースを実行するコンピューティングデバイスで重要な役割を果たしているためです。

メタバースの概念はSF界で何十年も前から存在していましたが、ウォール街は、Facebookの親であるメタなどの多くのテクノロジーの巨人がインタラクティブで没入型の仮想世界の作成に向けてリソースをマーシャリングしていることに注目しています。

「マッドマネー」への黄の登場は、Nvidiaが第3四半期の予想を上回る収益と収益を報告してから2日後に行われます。Nvidiaの株価は、少なくとも部分的にはメタバースに対する投資家の楽観主義に後押しされて、ここ数週間で破綻しています。今月の在庫はこれまでのところ29%増加し、過去3か月間で66.6%増加しています。

Nvidiaの時価総額は現在8,246億ドルであり、S&P500で7番目に価値のある企業となっています。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村