ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

石油とガスは「何十年もの間、世界のエネルギーシステムに存在」

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・BPのCEOはCNBCに、石油やガスなどの炭化水素が何年にもわたってエネルギーミックスで果たす役割が継続すると語った。

・バーナード・ルーニーは月曜日にCNBCに、「石油とガスが今後数十年にわたってエネルギーシステムに含まれると言うのは一般的ではないかもしれないが、それが現実だ」と語った。

・ルーニーのコメントは、緊迫したCOP26気候サミットの後に出されます。

 

He said that replacing coal with natural gas, thereby reducing carbon emissions, “has to be a good thing.”

“And then over time we will decarbonize that natural gas,” he said, speaking to CNBC’s Hadley Gamble at the ADIPEC energy industry forum in Abu Dhabi.

BP’s Looney highlighted that the International Energy Agency’s “Net Zero” report in May noted that, in 2050, global oil supply “in the net zero pathway” would still amount to around 20 million barrels per day,

“So any objective person ... is going to say that hydrocarbons have a role to play, the question then becomes: what do you do about that? And you try to produce those hydrocarbons in the best way possible,” Looney added.

彼は、石炭を天然ガスに置き換え、それによって炭素排出量を削減することは「良いことでなければならない」と述べた。

「そして、時間の経過とともに、その天然ガスを脱炭素化する」と彼はアブダビで開催されたADIPECエネルギー産業フォーラムでCNBCのハドリーギャンブルに語った。

BPのルーニーは、5月の国際エネルギー機関の「ネットゼロ」レポートが、2050年に「ネットゼロ経路での」世界の石油供給は依然として1日あたり約2000万バレルになると指摘したことを強調しました。

「それで、どんな客観的な人も...炭化水素が果たすべき役割を持っていると言うつもりです、そして問題はこうなります:あなたはそれについて何をしますか?そして、あなたはそれらの炭化水素を可能な限り最良の方法で生産しようとします」とルーニーは付け加えました。

 

Saudi Arabia is one of the world’s largest oil producers, alongside Russia and the U.S., and is trying to diversify its economy away from oil production. The task is not easy given that oil remains its primary global export and economic base.

BP’s Looney said he had concerns over supply when it comes to the transition, saying that if supplies of oil and gas are lowered, prices will go up, hitting consumers hard.

“High prices are not good for consumers and consumers ... I worry that this could have the perverse effect of actually turning people against the [energy] transition,” he said.

“So we must make sure we have a credible transition plan that works on supply, yes, but equally needs to focus on demand so we can make the transition the world wants to make but do it in a way that brings people with us rather than not.”

サウジアラビアは、ロシアや米国と並ぶ世界最大の石油生産国の1つであり、石油生産から経済を多様化しようとしています。石油が依然として主要な世界的な輸出および経済基盤であることを考えると、この作業は容易ではありません。

BPのルーニー氏は、移行に関しては供給に懸念を抱いていると述べ、石油とガスの供給が減少すると価格が上昇し、消費者に大きな打撃を与えると述べた。

「高価格は消費者にとっても消費者にとっても良くありません...これが実際に人々を[エネルギー]転換に反対させるという悪影響をもたらす可能性があるのではないかと心配しています」と彼は言いました。

「ですから、供給で機能する信頼できる移行計画があることを確認する必要がありますが、同様に需要に焦点を当てる必要があります。そうすれば、世界が望んでいる移行を行うことができますが、それは、人々を連れてくるのではなく、私たちと一緒に行う方法で行うことができます。

 

 

 

「極めて現実路線」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村