ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

インフレ主導の売却が機会になるか

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は、インフレ懸念に関連する市場の弱さに直面しても、投資家が自信を持っていることが重要だと述べた。


次回「インフレ恐怖の商人」が市場の下落に寄与するとき、「あなたはいくらかの買いをするべきだ」と言った。

 

CNBC’s Jim Cramer on Thursday stressed the need for investors to remain confident in the face of market weakness related to inflation concerns, describing such pullbacks as opportunities to buy stocks at a discount.

“These inflation fear-mongers are ignorant of how the stock market actually works. They’re ignorant about how companies actually work. Their arguments are full of holes, so the next time they knock down the entire asset class ... you should do some buying,” the “Mad Money” host said.

CNBCのジム・クレイマーは木曜日に、インフレ懸念に関連する市場の弱さに直面して投資家が自信を持ち続ける必要性を強調し、そのような引き戻しを割引価格で株式を購入する機会として説明した。

「これらのインフレ懸念者は、株式市場が実際にどのように機能しているかを知らない。彼らは企業が実際にどのように機能しているかについて無知です。彼らの議論は穴だらけなので、次に彼らが資産クラス全体をノックダウンするとき...あなたはいくらかの購入をするべきです」と「マッドマネー」のホストは言いました。

 

October’s consumer price index, released Wednesday, showed the largest annual increase in over 30 years, which Cramer said prompted some investors to suggest the Federal Reserve be more aggressive with monetary policy including possible interest rate hikes.

While that concern may have triggered some selling, Cramer repeated his call that sell-offs connected to some combination of Fed and inflation fears can create favorable situations.

“We knew this inflation number was going to be hideous ... but you need to remember that this is a backwards-looking indicator; there’s a very real chance this will be as bad as it gets, which would mean any inflation driven sell-off like yesterday is, indeed, a buying opportunity.”

水曜日に発表された10月の消費者物価指数は、30年以上で最大の年間上昇を示した。クレイマー氏は、一部の投資家は、金利引き上げの可能性を含む金融政策に対して連邦準備制度がより積極的になることを示唆したと述べた。

その懸念が売りを引き起こしたかもしれないが、クレイマーは、FRBとインフレ懸念のいくつかの組み合わせに関連する売りが好ましい状況を生み出す可能性があるという彼の呼びかけを繰り返した。

「このインフレ率が恐ろしいものになることはわかっていましたが、これは後向きの指標であることを覚えておく必要があります。非常に現実的な可能性があります。これは、昨日のようなインフレ主導の売りが実際に購入の機会であることを意味します。」

 

In those instances, Cramer said it’s important to look for stocks that “thrive in a higher inflation environment,” such as the FAANG cohort. That includes Facebook-parent Meta, Apple, Amazon, Netflix and Google-parent Alphabet.

“They each offer something that can be used to dampen runaway price increases because they’re all such bargains,” Cramer said. “Facebook’s a bargain for advertisers; Amazon’s a bargain for shoppers; Netflix is a bargain for anyone who wants entertainment; Google’s a bargain for both shoppers and advertisers. Only Apple does not necessarily offer a bargain proposition, although when you consider how many devices the iPhone can replace, I’d say it’s a steal at any price.”

そのような場合、Cramerは、FAANGコホートなど、「より高いインフレ環境で繁栄する」株を探すことが重要であると述べました。これには、Facebookの親であるMeta、Apple、Amazon、Netflix、Googleの親であるAlphabetが含まれます。

「それらはすべてそのような掘り出し物であるため、暴走する価格上昇を抑えるために使用できるものをそれぞれ提供します」とCramer氏は述べています。「Facebookは広告主にとってお買い得です。アマゾンは買い物客にとってお買い得です。Netflixは、エンターテインメントを求める人にとってはお買い得です。Googleは買い物客と広告主の両方にとってお買い得です。Appleだけが必ずしもお買い得な提案を提供しているわけではありませんが、iPhoneが置き換えることができるデバイスの数を考えると、それはどんな価格でも盗みだと思います。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村