ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

インフラ株の上昇

クレイマー氏は、インフラ株の上昇は個人投資家の新たな力を示していると述べています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏によると、月曜日のインフラ関連株の上昇は、ウォール街に対する個人投資家の影響力が高まっていることを示している。


・「歴史的に、何か良いことが起こる前に購入し、それからニュースに売り込む必要がありました。...しかし、この市場ではありません」


・「それは新しい世界であり、より直接的で悲観的ではなく、あなたは自分自身の危険でこの楽観主義を無視します」と彼は付け加えました。

 

The “Mad Money” host expressed surprise that companies such as steelmaker Nucor and construction materials supplier Martin Marietta moved solidly higher during Monday’s session, which was the first since the House of Representatives passed a more than $1 trillion infrastructure bill late Friday.

“Historically, you had to buy before something good happens, and then sell into the news. The smart money always loaded up and crushed bids when stories broke, often leading to big losses for anyone who bought the news,” Cramer said. “Not this market, though. The new pattern is insane if you’ve got experience, but it’s making fortunes for newcomers.”

Cramer pointed to Nucor, in particular, to make his case. While he noted he’s maintained an optimistic outlook on Nucor, he said there have been others on Wall Street who believed its stock had fully priced in most of the potential benefit from an infrastructure deal.

“In the old days, once we found out Congress had finally passed the infrastructure bill, you might’ve seen Nucor’s stock open up a point or two before the heat-seeking sellers came in and lit up the buyers, taking furious profits. In the end, they might’ve blasted this thing back down to where it was trading a week ago,” Cramer said.

However, Cramer said the current market is no longer dominated by large institutional money managers.

“Individual investors have a lot of power,” Cramer said, noting Nucor shares finished up 3.6% Monday. The stock is up 18.65% in the past month.

“See, Nucor was too obvious for the pros. But regular individual investors no doubt wanted to be sure the bill would actually pass before they pulled the trigger. Then they started buying hand over fist and I don’t think they’re finished,” Cramer said.

“The professionals keep being wrong because these new buyers aren’t used to the cynical trading ways of Wall Street,” he added. “They hear good news; they buy good news. It’s a new world, more straightforward, less pessimistic, and you ignore this optimism at your own peril.”

「マッドマネー」などの鉄鋼メーカーなどの企業というホスト表明驚きニューコアと建設資材のサプライヤーマーティン・マリエッタは、衆議院以来初めてだった月曜日のセッション、中にしっかりと高い移動が遅く金曜日$ 1以上兆インフラ法案を可決しました。

「歴史的に、何か良いことが起こる前に購入し、それからニュースに売り込む必要がありました。ストーリーが壊れたとき、スマートマネーは常に積み上げられ、入札を押しつぶし、ニュースを購入した人にとっては大きな損失につながることがよくありました」とCramer氏は述べています。「しかし、この市場ではありません。新しいパターンは、経験があれば非常識ですが、初心者にとっては幸運です。」

クレイマーは、特に彼の主張をするためにニューコアを指差した。彼は彼がいます注意しながら、ニューコアの楽観的な見通しを維持し、彼はその株式は完全にインフラの契約からの潜在的な利益のほとんどで価格ていたと信じウォール街で他の人があったと述べました。

「昔、議会が最終的にインフラストラクチャ法案を可決したことがわかったら、熱を求める売り手がやって来て買い手を照らし、猛烈な利益を得る前に、Nucorの株が1、2ポイント開いたのを見たことがあるかもしれません。結局、彼らはこのことを一週間前に取引されていた場所にまで吹き飛ばしたかもしれない」とクレイマー氏は語った。

しかし、クレイマー氏は、現在の市場はもはや大規模な機関投資家によって支配されていないと述べた。

「個人投資家は大きな力を持っている」とクレイマー氏は述べ、ニューコア株は月曜日に3.6%上昇したと述べた。先月の株価は18.65%上昇しています。

「ほら、Nucorはプロにとってあまりにも明白でした。しかし、通常の個人投資家は間違いなく、彼らが引き金を引く前に法案が実際に通過することを確認したかったのです。それから彼らは握りこぶしを買い始めました、そして私は彼らが終わったとは思わない」とクレイマーは言った。

「これらの新しいバイヤーはウォール街の冷笑的な取引方法に慣れていないので、専門家は間違っています」と彼は付け加えました。「彼らは良いたよりを聞きます。彼らは良いたよりを買います。それは新しい世界であり、より直接的で悲観的ではなく、あなたは自分自身の危険でこの楽観主義を無視します。」

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村