ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

投資規律の必要性を強調

クレイマーは投資規律の必要性を強調し、高飛車の勝者をトリミングすることを提案します。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマーは月曜日に、最近大きな急騰を遂げた株に近づく際に投資家が懲戒処分を受ける必要があることを強調した。


・「お願いします、覚えておかなければならないことの1つは...雄牛はお金を稼ぎ、熊はお金を稼ぎますが、豚は屠殺されます」とクレイマーは言いました。


・「マッドマネー」のホストは、彼が公益信託のNvidiaの立場をまだ整えることができていないため、彼が「少し厄介な気分になっている」ことを認めました。

 

“Admittedly, I’m feeling a little hoggish right now because the charitable trust still owns Nvidia,” the “Mad Money” host continued, referring to the Santa Clara, California-based semiconductor company. “Even though it’s among the greatest stories ever told, the stock’s had a monster run, and it’s just plain irresponsible not to take something off the table, but I haven’t been able to,” he said.

In the past five sessions alone, Nvidia shares are up up 11.6%, based on Monday’s closing price of $258.27 apiece. So far in 2021, the stock has advanced 98%, far outpacing the S&P 500′s roughly 23% gain. Nvidia is up more than 1,400% in the past five years.

Cramer has been bullish on Nvidia for years, frequently touting its long-term prospects because its chips are so central to increasingly important technologies such as artificial intelligence and machine learning.

Cramer also mentioned Tesla and Netflix as two other stocks that have soared recently, even if the fundamentals do not necessarily support moves of such magnitude. Even so, Cramer said both companies have passionate fans who appear willing to keep buying their stocks.

Tesla has jumped nearly 56% in the past month, while Netflix is up 11% over that same span.

“I know these winners seem obvious and therefore too easy. But this playbook hasn’t really worked in decades because the retail investor has been gone for so long,” Cramer said. “Of course, you don’t buy these stocks after such huge runs if you believe in any discipline whatsoever, unless it’s the discipline of gaming retail investors who keep buying the stocks of companies they love.”

「確かに、慈善信託がまだNvidiaを所有しているので、私は今少し不安を感じています」と、カリフォルニアに本拠を置く半導体会社のサンタクララに言及して、「マッドマネー」のホストは続けました。「これまでに語られた中で最も素晴らしい話の1つですが、株にはモンスターが走っていました。テーブルから何かを取り出さないのは無責任ですが、私はできませんでした」と彼は言いました。

過去5回のセッションだけでも、月曜日の終値$ 258.27に基づいて、Nvidiaの株価は11.6%上昇しています。2021年のこれまでのところ、株価は98%上昇しており、S&P 500の約23%の上昇をはるかに上回っています。Nvidiaは過去5年間で1,400%以上増加しています。

Cramerは何年もの間Nvidiaに強気であり、そのチップは人工知能や機械学習などのますます重要になるテクノロジーの中心であるため、長期的な見通しを頻繁に宣伝しています。

クレイマーはまた、ファンダメンタルズが必ずしもそのような規模の動きをサポートしていなくても、最近急上昇した他の2つの株としてテスラとネットフリックスに言及しました。それでも、クレイマー氏によると、両社には熱心なファンがいて、株を買い続けようとしているようだという。

テスラは先月56%近く急増しましたが、Netflixは同じスパンで11%増加しています。

「私は、これらの勝者が明白であり、したがって簡単すぎるように見えることを知っています。しかし、個人投資家が長い間去っていたため、このプレイブックは何十年も実際には機能していませんでした」とCramer氏は述べています。「もちろん、好きな会社の株を買い続けるのがゲームの個人投資家の規律でない限り、どんな規律も信じるなら、そのような大規模な実行の後にこれらの株を買うことはありません。

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村