バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

石炭不足: 中国とインド

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・中国だけではありません—インドも電力危機の危機に瀕しています。


・10月6日の時点で、インドの135の石炭発電所の80%に8日未満の供給が残っていました。それらの半分以上は、2日以下の価値のある在庫を持っていました...


・ソシエテジェネラルのインドエコノミスト、クナルクンドゥ氏によると、電力危機は、サービスではなく産業活動によって主導されているインドの初期の経済回復に即座に影響を与える可能性があります。

 

Most of India’s coal-fired power plants have critically low levels of coal inventory at a time when the economy is picking up and fueling electricity demand.

Coal accounts for around 70% of India’s electricity generation.

インドの石炭火力発電所のほとんどは、経済が回復し、電力需要に燃料を供給しているときに、石炭在庫のレベルが非常に低くなっています。

石炭はインドの発電量の約70%を占めています。

 

Thermal power companies have had lean coal inventories and did not anticipate the spike in power demand this year, Gandhi explained.

Other sources of electricity generation — such as hydropower, gas and nuclear — also declined.

Gandhi said an unevenly distributed monsoon season was one of the factors. Less rainfall in some areas adversely affected the production of hydropower, or water power.

Some other factors included a sharp increase in gas prices as well as maintenance shutdowns at nuclear power plants, she said. All of that led to an increase in coal-fired power generation.

火力発電会社は石炭の在庫が少なく、今年の電力需要の急増を予測していなかったとガンジーは説明した。

水力、ガス、原子力などの他の発電源も減少しました。

ガンジー氏は、モンスーンの季節が不均一に分布していることが要因の1つであると述べました。一部の地域での降雨量の減少は、水力または水力の生産に悪影響を及ぼしました。

他のいくつかの要因には、ガス価格の急激な上昇や原子力発電所のメンテナンス停止が含まれていると彼女は述べた。そのすべてが石炭火力発電の増加につながりました。

 

India is the world’s third-largest coal importer despite having a large coal reserve. However, a widening gap between soaring international coal prices and domestic coal prices saw imports decline sharply in recent months.

As supply fell, demand also rose.

Coal imports by power plants fell 45% in July and August compared to the same period last year while India’s non-power sectors grew more dependent on domestic coal, Kalia said. Non-power industries such as aluminum, steel, cement and paper typically burn large quantities of coal to produce heat.

Decline in electricity generation by coastal power plants, which rely on imported coal, added more pressure on domestic coal-based power plants to ramp up output, he added.

インドは、石炭埋蔵量 が多いにもかかわらず、 世界第3位の石炭輸入国 です。しかし、国際的な石炭価格の高騰 と国内の石炭価格との間のギャップの拡大 により、輸入はここ数ヶ月で急激に減少しました。

供給が減少すると、需要も増加しました。

発電所による石炭輸入は昨年の同時期と比較して7月と8月に45%減少したが、インドの非電力部門は国内の石炭への依存度が高まったとカリア氏は述べた。アルミニウム、鉄鋼、セメント、紙などの非電力産業は、通常、大量の石炭を燃焼させて熱を発生させます。

輸入石炭に依存する沿岸発電所による発電量の減少は、国内の石炭ベースの発電所に生産量を増やすようにさらに圧力をかけたと彼は付け加えた。

 

The energy supply crunch could last as long as six months, India’s Power Minister Raj Kumar Singh reportedly warned.

With the festive season in India starting this month, where consumption tends to reach its peak, power demand could rise further — and the situation could be exacerbated if global demand for Indian exports increase substantially. For its part, Coal India has reportedly ramped up supplies to try and offset some of the shortage.

インドの電力大臣RajKumar Singhは、エネルギー供給の逼迫は6か月も続く可能性がある と警告したと伝えられている。

消費がピークに達する傾向にある今月から始まるインドのホリデーシーズンでは、電力需要がさらに増加する可能性があります。また、インドの輸出に対する世界的な需要が大幅に増加すると、状況は悪化する可能性があります。伝えられるところによると、コールインディアは  不足の一部を補うために供給を増やしました。

 

 

「商社株買っておこう」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村