バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

Modernaワクチンの使用制限

北欧諸国は、ModernaのCovidワクチンの使用を制限しています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

モデルナワクチンの使用を制限するために3か国が下した決定は、心筋炎(心筋が炎症を起こす状態)の症例に関連している可能性があるという懸念に集中しています。


ロイターによれば、3つの保健当局はすべて、評価のために欧州医薬品庁に送られた未発表の北欧の研究を引用した。

 

Finland’s national health authority, THL, announced Thursday that it would pause the use of Moderna’s Covid vaccine in young men. All males aged 30 or younger would be offered the Pfizer-BioNTech vaccine instead, THL said.

The decision by THL followed announcements from its Swedish and Danish counterparts on Wednesday that both would be restricting the use of the Moderna vaccine in similar demographics.

ほとんどの場合、心筋炎の人は合併症なく回復しますが、まれでより重症の場合には、心臓に損傷を与える可能性があります。

フィンランドのTHLによると、心筋炎は、Modernaワクチンの2回目の接種を受けた後、若い男性と少年に発症する可能性が最も高かった。

 

Despite the risks associated with the immunization for young men, THL’s Salminen said Thursday that it was still important for everyone who was eligible to receive two doses of a vaccine.

According to the U.S. Centers for Disease Control and Prevention, the known risks of Covid-19 and its potentially severe complications far outweigh the possibility of having a rare adverse reaction to a vaccination. That includes the potential risk of developing myocarditis.

In August, a U.S. study found that males between the ages of 12 and 17 — the demographic most likely to develop myocarditis — were six times more likely to suffer heart inflammation from being infected with Covid-19 than from being vaccinated against the virus.

若い男性の免疫化に関連するリスクにもかかわらず、THLのサルミネンは木曜日に、ワクチンを2回接種する資格のあるすべての人にとって依然として重要であると述べました。

米国疾病予防管理センターによると、Covid-19の既知のリスクとその潜在的に重篤な合併症は、ワクチン接種に対してまれな副作用を起こす可能性をはるかに上回っています。これには、心筋炎を発症する潜在的なリスクが含まれます。

8月の米国の調査によると、12歳から17歳の男性(心筋炎を発症する可能性が最も高い人口統計)は、ウイルスのワクチン接種よりもCovid-19の感染により心臓の炎症を起こす可能性が6倍高いことがわかりました。

 

 

「結局ファイザーの方が良いのか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村