バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

市場はインフレの影響に備えていない

市場はインフレの影響に備えていない、とウォートンのジェレミー・シーゲルは警告しています。

www.cnbc.com

 

Siegel warns there are serious risks tied to rising prices.

“There’s going to be pressure on the Fed to accelerate its taper process,’” he said. “I do not believe that the market is prepared for an accelerated taper.”

His cautious shift is a clear departure from his bullishness in early January. On Jan. 4 on “Trading Nation,” he correctly predicted the Dow would hit 35,000 in 2021, a 14% jump from the year’s first market open. The index hit an all-time high of 35,631.19 on August 16. On Friday, it closed at 34,326.46.

According to Siegel, the biggest threat facing Wall Street is Federal Reserve chair Jerome Powell stepping away from easy money policies much sooner than expected due to surging inflation.

“We all know that a lot of the levity of the equity market is related to the liquidity that the Fed has provided. If that’s going to be taken away faster, that also means that interest rate hikes are going to occur sooner,” he noted. “Both those things are not positives for the equity market.”

シーゲルは、価格の上昇に関連する深刻なリスクがあると警告しています。

「FRBにはテーパープロセスを加速するよう圧力がかかるだろう」と彼は述べた。「私は、市場が加速する先細りに備えているとは思わない。」

彼の慎重なシフトは、1月初旬の彼の強気からの明らかな逸脱です。1月4日の「TradingNation」で、彼はダウが2021年に35,000に達すると正しく予測しました。これは、今年の最初の市場開放から14%の上昇です。インデックスは8月16日に35,631.19の史上最高を記録しました。金曜日に、それは34,326.46で終わりました。

シーゲル氏によると、ウォール街が直面している最大の脅威は、インフレの急増により、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が予想よりもはるかに早く金融緩和政策から脱却することです。

「私たちは皆、株式市場の重要性の多くがFRBが提供した流動性に関連していることを知っています。それがより早く取り除かれるのであれば、それはまた、金利の引き上げがより早く起こることを意味する」と彼は述べた。「これらはどちらも株式市場にとってプラスではありません。」

 

Siegel is particularly concerned about the impact on growth stocks, particularly technology. He suggests the tech-heavy Nasdaq, which is 5% away from its record high, is set up for sharp losses.

“There will be a challenge for the long duration stocks,” said Siegel. “The tilt will be towards the value stocks.”

He sees the backdrop boding well for companies benefitting from rising rates, have pricing power and deliver dividends.

“Yield is scarce and you don’t want to lock yourself into to long-term government bonds which I think are going to suffer quite a dramatically over the next six months,” he said.

The inflationary backdrop, according to Siegel, may set-up underperformers utilities and consumer staples, known for their dividends, for a strong run.

“They may have their day in the sun finally,” said Siegel. “If you have a dividend, firms can raise their prices and historically dividends are inflation-protected. They’re not as stable, of course, as a government bond. But they have that inflation protection and a positive yield.”

Siegel is bullish on gold, too. He believes it has become relatively cheap as an inflation hedge and cites bitcoin’s popularity as a reason.

シーゲルは、成長株、特にテクノロジーへの影響を特に懸念しています。彼は、過去最高から5%離れている、ハイテクを多用するナスダックが急落する準備ができていることを示唆しています。

「長期株には課題があります」とSiegel氏は述べています。「傾斜はバリュー株に向かっているでしょう。」

彼は、金利上昇の恩恵を受け、価格決定力を持ち、配当を提供する企業にとって、背景は良い兆候だと考えています。

「利回りは乏しく、今後6か月で劇的に苦しむと思われる長期国債に縛られたくない」と彼は述べた。

シーゲル氏によると、インフレを背景に、配当で知られる不採算の公益事業や消費者の主食が好調に推移する可能性があります。

「彼らはついに太陽の下で一日を過ごすかもしれません」とSiegelは言いました。「配当金がある場合、企業は価格を上げることができ、歴史的に配当金はインフレから保護されています。もちろん、国債ほど安定していません。しかし、彼らはそのインフレ保護とプラスの利回りを持っています。」

シーゲルも金に強気です。彼はそれがインフレヘッジとして比較的安くなっていると信じており、理由としてビットコインの人気を挙げています。

 

 

「一度利確するか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村