バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

テスラは第3四半期決算

テスラは第3四半期に241,300台の車両を納入し、予想を上回りました。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・テスラは2021年の第3四半期に241,300台の電気自動車を納入したと同社は土曜日に語った。


・アナリストは、9月30日時点でStreetAccountがまとめた見積もりによると、この期間中にテスラが約220,900台の電気自動車を配達すると予測しました。


・テスラはレポートで、2021年9月30日までの期間に237,823台の自動車を生産したと述べた。

 

Tesla put customers through repeated, unexpected delivery delays during the quarter. In their release on Saturday, the company acknowledged the delays, blaming them on “global supply chain and logistics challenges,” then thanked customers for their patience.

テスラは、四半期中に予期せぬ配達の遅延を繰り返し顧客にもたらしました。土曜日のリリースで、同社は遅延を認め、「グローバルなサプライチェーンとロジスティクスの課題」を非難し、顧客の忍耐に感謝しました。

 

Elon Musk’s electric vehicle maker now produces cars at its Shanghai plant, and U.S. factory in Fremont, California, while continuing to produce batteries domestically with Panasonic at their sprawling facility outside of Reno, Nevada.

During the period ending September 30, 2021, Tesla began to ship some lithium iron phosphate batteries from China to be used in Model 3 vehicles made for customers in the U.S.

Tesla also temporarily suspended some operations at its vehicle assembly plant in Shanghai, where it makes cars for customers in China and Europe. The halts were attributed to a global semiconductor shortage, which has posed a challenge to Tesla all year, and plagued the entire auto industry.

イーロンマスクの電気自動車メーカーは現在、ネバダ州リノ郊外の広大な施設でパナソニックと国内でバッテリーを生産している間、上海工場とカリフォルニア州フリーモントの米国工場で自動車を生産しています。

テスラは2021年9月30日までの期間に、米国の顧客向けに製造されたモデル3車両で使用するために、中国からリン酸鉄リチウム電池の出荷を開始しました。

テスラはまた、上海の車両組立工場で一部の操業を一時的に停止し、中国とヨーロッパの顧客向けに自動車を製造しています。停止は、テスラに一年中挑戦をもたらし、自動車産業全体を悩ませてきた世界的な半導体不足に起因していました。

 

According to a June 2021 survey from Pew Research, 39% of Americans say that “the next time they purchase a vehicle, they are at least somewhat likely to seriously consider electric.” About 7% of Americans said they have already purchased a pure battery electric or hybrid-electric vehicle.

That demand is only encouraged by rising fuel costs and environmental regulations.

For example, in China, government programs make it far quicker and cheaper to get license plates for electric vehicles than internal combustion engine vehicles. The Chinese government has also offered subsidies, tax breaks and invested in charging infrastructure to encourage EV production and adoption.

Meanwhile, President Joe Biden set a voluntary target for half of all new vehicle sales in the US to be electric models by 2030-- including battery electrics, plug-in hybrids, and hydrogen fuel cell vehicles. The move is part of the Biden administration’s pledge to reduce U.S. emissions by in half by 2030.

Pew Researchによる2021年6月の調査によると、アメリカ人の39%は、「次に車を購入するとき、少なくともある程度は電気を真剣に検討する可能性が高い」と述べています。アメリカ人の約7%は、純粋なバッテリー式電気自動車またはハイブリッド電気自動車をすでに購入していると述べています。

その需要は、燃料費の上昇と環境規制によってのみ促進されます。

たとえば、中国では、政府のプログラムにより、内燃機関車よりも電気自動車のナンバープレートを取得する方がはるかに迅速かつ安価になっています。中国政府はまた、EVの生産と採用を促進するために、補助金や減税を提供し、充電インフラストラクチャに投資しています。

一方、ジョー・バイデン大統領は、米国での新車販売の半分を2030年までに電気モデルにするという自主的な目標を設定しました。これには、バッテリー電気自動車、プラグインハイブリッド車、水素燃料電池車が含まれます。この動きは、2030年までに米国の排出量を半分に削減するというバイデン政権の公約の一部です。

 

 

「ポルシェの決算はどうなるか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村