バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

この3社を「ショッピングリスト」に載せておく

ジム・クレイマーは、投資家はこれら3社を「ショッピングリスト」に載せるべきだと述べています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏は、火曜日の投資家はAirbnb、Uber、DoorDashを「ショッピングリスト」に載せるべきだと述べた。


・彼は、これらの株にチャンスがあると考えている一方で、市場全体に「より多くの苦痛」を期待していると警告した。


・「現時点では、Covid工場を通過し、反対側に出てきた企業に焦点を当てる必要があります」

 

In the case of Airbnb, CEO Brian Chesky didn’t allow the company to “give up” early in the Covid crisis when travel came to a near halt, Cramer said. Instead, Airbnb was well-positioned to capitalize on the resumption of travel and shifting consumer preferences, he said.

For Uber, Cramer said the company smartly leaned into its Eats platform during the pandemic, and then wisely doubled down on the acquisition of alcohol delivery firm Drizzly.

Airbnbの場合、CEOのBrian Cheskyは、旅行がほぼ停止したCovid危機の初期に​​、会社が「あきらめる」ことを許可しなかったとCramer氏は述べています。代わりに、Airbnbは旅行の再開と消費者の好みの変化を利用するのに適した立場にあると彼は語った。

Uberの場合、Cramerは、パンデミックの際に同社がEatsプラットフォームに賢く傾倒し、その後、アルコール配達会社Drizzlyの買収を賢明に倍増させたと述べました。

 

“It’s a two-way street with Uber; that’s how they’re now able to raise guidance significantly,” Cramer said, referring to the company’s announcement earlier Tuesday that played a role in the stock closing up 11.5% in the session.

Cramer said DoorDash, similarly, emerged from the acute phase of the pandemic in a strong position and now largely finds itself in a two-man game with Uber Eats in the U.S.

「それはUberとの双方向の道です。クレイマー氏は、火曜日に発表された同社の発表に言及し、セッションで株価が11.5%上昇する一因となったと述べた。

クレイマー氏によると、ドアダッシュも同様に、パンデミックの急性期から強力な立場で出現し、現在、米国でのUberEatsとの2人での試合に出場している。

 

The “Mad Money” host acknowledged regulation is a risk to any company that operates in the so-called gig economy, but he said he doubts state governments or Washington would “regulate them into oblivion” because of their popularity among consumers.

“Here’s the bottom line: I like the services that are Airbnb and Uber and DoorDash because these companies didn’t just sit there and take a beating. They got up off the floor at their darkest hour and reinvented themselves,” Cramer said.

「マッドマネー」のホストは、規制はいわゆるギグエコノミーで運営されている企業にとってリスクであると認めたが、消費者の間で人気があるため、州政府やワシントンが「規制して忘却」するのではないかと疑っている。

「要点は次のとおりです。Airbnb、Uber、DoorDashのサービスが好きです。なぜなら、これらの企業はただそこに座って殴打しただけではなかったからです。彼らは最も暗い時間に床から起き上がり、自分自身を再発明した」とクレイマーは言った。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村