バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【6つの理由】9月の株式市場を懸念

ジム・クレイマーが9月の株式市場を懸念する6つの理由を挙げています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏は水曜日、9月の株式市場を懸念する理由は複数あると見ていると語った。


・「マッドマネー」の主催者は、ネガティブな事前発表、議会、その他多くの企業が上場することなどを心配しています。


・「結局のところ、私たちはこれらの問題のいずれにも対処できると思いますが、一度にすべてではありません。少なくとも株価が下がらない限りではありません」とCramer氏は述べています。

 

1. 否定的な事前発表

This week, three companies — paint makers PPG Industries and Sherwin-Williams, as well as homebuilder PulteGroup — issued pre-announcements to lower guidance about their current quarters, warning that supply chain problems and materials costs are causing challenges that could lead to worse-than-expected results.

“The good news? None of their stocks got crushed because demand’s still in good shape. ... They’re still getting business,” Cramer said. “The bad news? These supply problems, they’re not going away—seems like they’ve become ingrained.”

今週、塗料メーカーのPPG IndustriesとSherwin-Williams、および住宅建設業者のPulteGroupの3社が 、現在の四半期に関するガイダンスを下げるための事前発表を行い、サプライチェーンの問題と材料費が悪化につながる可能性のある課題を引き起こしていることを警告しました。予想以上の結果。

″良いニュース?需要が依然として良好な状態にあるため、株が押しつぶされることはありませんでした。...彼らはまだビジネスを始めています」とCramerは言いました。「悪いニュース?これらの供給の問題は解消されていません。根付いているようです。」

 

2. FRB

Pressure on Federal Reserve Chairman Jerome Powell to change his stance that inflationary pressures are transitory could intensify throughout September, Cramer said.

While that viewpoint is why the Fed’s highly accommodative monetary policy remains in place, Cramer said that “after these preannouncements where we keep hearing about rising raw costs, don’t you have to wonder if inflation is more intractable than they thought?”

Raising interest rates would be the “magic elixir” to tamping down inflation, Cramer said. “But they do that by destroying demand and that crushes earnings, which in turn crushes stocks.”

クレイマー氏によると、インフレ圧力は一時的なものであるというスタンスを変えるよう連邦準備理事会のジェローム・パウエル議長に圧力をかけることは、9月を通じて強まる可能性があるという。

その観点から、FRBの非常に緩和的な金融政策が引き続き実施されている一方で、クレイマー氏は、「生のコストの上昇について耳にするこれらの事前発表の後、インフレが彼らが思っていたよりも手に負えないのかどうか疑問に思う必要はありませんか?」

クレイマー氏によると、金利を引き上げることは、インフレを抑えるための「魔法の秘薬」になるという。「しかし、彼らは需要を破壊することによってそれを行い、それは収益を押しつぶし、それは次に株を押しつぶします。

 

3. 高いレート

“If rates are headed higher, that creates more competition for high-yielding dividend stocks. These days, not many stocks are supported by their yields, but there will be even fewer if rates go up,” Cramer said.

「金利が高くなると、高利回りの配当株をめぐる競争が激化する。最近では、利回りで支えられている株は多くないが、金利が上がるとさらに少なくなるだろう」と述べた。

 

4. 議会

The “Mad Money” host said there’s a bit of a double-edged sword involving the Democrats’ desire to pass their $3.5 trillion budget reconciliation package.

That level of spending would surely create jobs and “supercharge the economy,” Cramer said, but it comes at a time when there’s already more than 10 million job openings in the U.S. As a result, wages would likely go up as companies fight for workers, he said, “which is good if you work for a living but bad if you own stocks.”

「マッドマネー」のホストは、3.5兆ドルの予算調整パッケージを通過させたいという民主党の願望を含む少し両刃の剣があると言いました。

そのレベルの支出は確かに雇用を生み出し、「経済を過給する」だろうとクラマー氏は述べたが、それは米国ですでに1000万人以上の求人がある時期に来る。その結果、企業が労働者のために戦うにつれて賃金が上がる可能性が高い、と彼は言った、「あなたが生計を立てるために働くならば、それは良いですが、あなたが株を所有するならば、それは悪いです。」

 

5.  新鮮な株の供給

“Of course, this IPO cycle will eventually play out like they always do: with a sell-off that lowers all prices to levels where stocks are more attractive,” Cramer said. “We can’t seem to stop this deal flow.”

「もちろん、このIPOサイクルは、最終的にはいつものように実行されます。売り切りによって、すべての価格が株価がより魅力的なレベルまで下がるのです」とCramer氏は述べています。「この取引の流れを止めることはできないようです。」

 

6.  地政学的懸念

Cramer said he remains concerned about China and the unpredictability of President Xi Jinping, particularly as it relates to Taiwan, which plays a crucial role in the global semiconductor industry.

“Here’s the bottom line: At the end of the day, I think we can deal with any of these issues, but not all at once—at least not without lower stock prices,” Cramer said. “And lower stock prices is what September is all about.”

クレイマー氏は、特に世界の半導体産業で重要な役割を果たしている台湾に関連しているため、中国と習近平大統領の予測不可能性について引き続き懸念していると述べた。

「結論はこうだ。結局のところ、これらの問題のいずれにも対処できると思うが、一度にすべてではない。少なくとも株価が下がらなければならない」とクレイマー氏は語った。「そして、株価の低下が9月のすべてです。」

 

 

「日本株に注目が集まる可能性アリ」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村