バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ECBがテーパリング議論を開始

ECBは、インフレ率が10年ぶりの高水準に急上昇する中、テーパリング議論を開始予定です。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・銀行の内外の一部は、世界的なサプライチェーンの問題があらゆる種類の商品の価格を押し上げるため、ECBが金融刺激策を削減する時期が来ていると考えています。

・しかし、コロナウイルスのパンデミックに対する不確実性は依然として残っています。

 

“Whereas the ECB may moderate the pace of its emergency asset purchases modestly in [the fourth quarter], we do not expect the bank to announce when and how it will phase out its big ‘Pandemic Emergency Purchase Programme’ (PEPP) and whether and to what extent it will beef up its modest standard Asset Purchase Programme (APP) and make it more flexible,” Holger Schmieding, a chief economist with Berenberg Bank, said in a research note. 

“These key decisions, which promise to be highly controversial, will likely be postponed to the December meeting,” he added

「ECBは[第4四半期]に緊急資産購入のペースを適度に緩和する可能性がありますが、銀行が大規模な「パンデミック緊急購入プログラム」(PEPP)をいつどのように段階的に廃止するか、またベレンベルク銀行のチーフエコノミストであるホルガーシュミーディング氏は、リサーチノートの中で、控えめな標準資産購入プログラム(APP)をどの程度強化し、より柔軟にするかについて述べています。 

「非常に物議を醸すことが約束されているこれらの重要な決定は、12月の会議に延期される可能性が高い」と彼は付け加えた。 

 

The institution led by Christine Lagarde developed a new asset purchase program in the wake of the coronavirus in March 2020 to support the euro zone. The PEPP is due to end in March 2022 with a potential total envelope of 1.85 trillion euros ($2.19 trillion).

Currently the ECB buys 80 billion euros worth of bonds every month under the program, which will likely be reduced to 70 billion euros at the completion of its Governing Council meeting on Thursday, Schmieding added.

The ECB has also kept its asset purchase program, known as APP, amid the pandemic which has a current monthly pace of 20 billion euros. The central bank has been using this program in combination with PEPP to sustain the 19-member economy.

クリスティーヌラガルドが率いる機関は、ユーロ圏を支援するために、2020年3月にコロナウイルスをきっかけに新しい資産購入プログラムを開発しました。PEPPは2022年3月に終了する予定であり、潜在的な総エンベロープは1.85兆ユーロ(2.19兆ドル)です。

現在、ECBはこのプログラムの下で毎月800億ユーロ相当の債券を購入しているが、木曜日の理事会会議の完了時に700億ユーロに減額される可能性が高いとシュミーディング氏は付け加えた。

ECBはまた、現在月間200億ユーロのペースで発生しているパンデミックの中で、APPとして知られる資産購入プログラムを維持しています。中央銀行はこのプログラムをPEPPと組み合わせて使用​​し、19人の加盟国の経済を維持しています。

 

Inflation in the euro zone hit a 10-year high of 3% in August, while gross domestic product in the second quarter surprised to the upside with a 2% gain quarter-on-quarter. These developments may push the ECB to also upgrade its growth projections as Vice President Luis de Guindos recently hinted at. 

ユーロ圏のインフレ率は8月に10年ぶりの高値である3%に達しましたが、第2四半期の国内総生産は前四半期比2%の上昇で上向きに驚きました。ルイス・デ・ギンドス副総裁が最近示唆したように、これらの進展はECBにその成長予測もアップグレードするように促すかもしれません。 

 

But there’s not much noise from the ECB’s doves — those that support more monetary stimulus — which makes it likely that a reduction in the run rate of the PEPP won’t prove to be too controversial.

The biggest test could be creating harmony within the ECB’s ranks on the APP. There needs to be decisions made on the size and flexibility of the APP by next year, when the PEPP comes to an end.

“We reiterate our long time view that there will be no cliff-edge in policy support beyond the end of the PEPP, with the ECB likely to announce an APP which is both larger in size and carries over some elements of flexibility,” said Paul Hollingsworth, chief European economist with BNP Paribas, in a research note.

For now the ECB will avoid any big movements but will instead wait for more data coming in, and for more evidence that the euro zone is really out of the pandemic doldrums. 

しかし、ECBのハト(より多くの金融刺激策をサポートするハト)からのノイズはそれほど多くないため、PEPPの実行率の低下はあまり議論の余地がないことが証明される可能性があります。

最大のテストは、APPのECBのランク内で調和を作り出すことかもしれません。PEPPが終了する来年までに、APPのサイズと柔軟性について決定を下す必要があります。

「私たちは、PEPPの終わりを超えて政策支援に断崖がないという長年の見解を繰り返します。ECBは、サイズが大きく、柔軟性のいくつかの要素を引き継ぐAPPを発表する可能性があります」とPaulは述べています。リサーチノートの中で、BNPパリバのチーフヨーロッパエコノミストであるホリングスワース。

今のところ、ECBは大きな動きを避けますが、代わりに、より多くのデータが入ってくるのを待ち、ユーロ圏が実際にパンデミックの低迷から外れているというより多くの証拠を待ちます。 

 

「欧州景気も底堅い」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村