バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

コロナワクチン接種率が低迷

世界の一部の地域では、コロナワクチン接種率が低迷しており、専門家は心配しています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・コロナウイルスワクチンは、記録的な速さで米国およびヨーロッパ全体で緊急使用のために開発され、試験され、認可されました。


・しかし、西側でワクチン接種の展開が始まってから約9か月後、国全体および州全体の免疫化の推進が鈍化しました。


・一部の国や州では、大衆の広い範囲がワクチン未接種のままです。

 

This slowdown, combined with a slow uptake in some areas, is worrying experts. Particularly as many Covid preventative measures have been relaxed and cases are rising in both the U.S. and parts of Europe.

この減速は、一部の分野での取り込みの遅れと相まって、専門家を悩ませています。特に、多くのCovid予防措置が緩和され、米国とヨーロッパの一部の両方で症例が増加しています。

 

To date, 69.2% of adults in the EU are now fully vaccinated, according to the European Centre for Disease Prevention and Control (although the European Commission announced last Tuesday that it reached its goal of vaccinating 70% of the EU’s adult population).

In the U.K., 79.8% of all over-16s are fully vaccinated and in the U.S., 62% of the population over the age of 12 is fully vaccinated, according to the U.S.′ Centers for Disease Control and Prevention.

Vaccinating millions at short notice and under pressure during a public health crisis is an undeniable achievement, but as vaccination drives have progressed, they have slowed down in a number of countries, figures from Our World in Data show.

現在までに、EUの成人の69.2パーセントは、現在、完全にワクチン接種されている(が、欧州疾病予防管理センターによると、欧州委員会は、それがEUの成人人口の70%にワクチンを接種するという目標に達したことを前火曜日を発表しました)。

米国疾病管理予防センターによると、英国では16歳以上の79.8%が完全に予防接種を受けており、米国では12歳以上の人口の62%が完全に予防接種を受けています。

公衆衛生危機の際に急な通知と圧力の下で数百万人にワクチン接種することは否定できない成果ですが、ワクチン接種の推進が進むにつれて、それらは多くの国で減速しました、データの私たちの世界からの数字が示しています。

 

“The country has more work to do... particularly with 18- to 26-year-olds,” White House COVID-19 senior adviser Jeffrey Zients said in late June when it became apparent the target would be missed. “The reality is many younger Americans have felt like Covid-19 is not something that impacts them, and they’ve been less eager to get the shot.”

Likewise, in Europe, there has been a lower (and slower) uptake among young adults and, again, this has been attributed to a more relaxed attitude among young people toward Covid. They are at much less risk than older people from hospitalization and death, and the reopening of societies this summer looks to have removed the incentive to get immunized for some.

ホワイトハウスのCOVID-19上級顧問のジェフリー・ザイエンツ氏は、6月下旬に目標を達成できないことが明らかになったとき、「国にはやるべきことがもっとある...特に18歳から26歳の人たちと」と述べた。「現実には、多くの若いアメリカ人は、Covid-19は彼らに影響を与えるものではないと感じており、彼らは撃たれることにそれほど熱心ではありませんでした。

同様に、ヨーロッパでは、若年成人の取り込みが低く(そして遅く)なっており、これもまた、若者のCovidに対する態度がよりリラックスしていることに起因しています。彼らは入院や死亡による高齢者よりもはるかにリスクが低く、今年の夏に社会が再開したことで、一部の人は免疫化されるインセンティブがなくなったようです。

 

 

「ワクチン接種メリット漸減による合理的判断」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村