バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

雇用者数レポートの失望の後は?

失望を生んだ雇用者数の報告の後、株価は控えめな推移で週を終えました—5人の専門家による見解です。

www.cnbc.com

 

Stocks looked to enter the long weekend on a dour note after a disappointing August jobs report.

Nonfarm payrolls rose by 235,000 last month, less than half the gain of 720,000 expected. Economists had forecast employment data to match previous months of robust recovery, but delta variant concerns and labor supply issues weighed on the economy.

株式は、失望した8月の雇用報告の後、厳しい週末に入るように見えた。

非農業部門雇用者数は先月235,000増加し、予想される720,000の増加の半分未満でした。エコノミストは、雇用データが前月の力強い回復と一致すると予測していましたが、デルタバリアントの懸念と労働供給の問題が経済に重くのしかかっていました。

 

“We just don’t have supply of the workers. We don’t have supply whether it’s in the supply chain, inventories across a variety of different industries. This is something that companies have been talking about consistently over the course of the summer. They talked about it during earnings calls ... And there does really seem to be a limitation or at least a headwind to progression in economic growth due to supply-side constraints. If it was demand side, I think I would be more worried and more concerned about how the equity market would interpret it.”

私たちには労働者の供給がありません。サプライチェーンにあるかどうか、さまざまな業界の在庫があるかどうかにかかわらず、私たちは供給を持っていません。これは、企業が夏の間一貫して話していることです。彼らは収益の呼びかけの中でそれについて話しました...そして、供給側の制約のために、経済成長の進展には本当に制限があるか、少なくとも逆風があるようです。もしそれが需要側だったら、私は株式市場がそれをどのように解釈するかについてもっと心配し、もっと心配するだろうと思います。」

 

“I think that number is very sad in terms of the real economy, but in some ways it makes for a field day for Fed watchers because now the focus will be on the buildup not just to the Sept. 22 announcement as to whether the Fed will begin tapering, it could be now Nov. 3 or Dec. 15. If we are seeing people not going back to work despite all of the ‘Help Wanted’ signs everyone is seeing in so many shops and restaurants and service industries, if we’re not seeing that, how can the solution be for the Fed to buy more Treasury securities, more agency mortgage-backed securities? I just don’t understand how the Fed can justify its prolonged monetary accommodation. It’s just more cowbell. It’s always the solution.”

「実体経済の観点からは非常に悲しい数字だと思いますが、FRBが9月22日の発表だけでなく、FRBの動きに焦点が当てられるため、FRBのウォッチャーにとってはある意味で"運動会"になります。テーパリングは11月3日か12月15日になる可能性があります。FRBがより多くの財務省証券、より多くの機関投資家向け住宅ローン担保証券を購入するための解決策はどのようにあるのでしょうか。私は、FRBが長期にわたる金融緩和をどのように正当化できるのか理解していません。それは常に解決策です。」

 

“Unfortunately, we’re seeing a huge deceleration globally as well. We’ve seen really weak numbers come out of China recently, the delta variant is hitting economies that escaped other waves, and I think that’s very important to take into context. That hurts the supply chain disruptions that we’ve seen erupt out there but it also hurts demand. The labor supply issue goes so much deeper. This is both a collision of supply and demand, but demand has slackened. That really has to be underscored. We are looking at GDP growth below 4% in the third quarter now. That is a major slowdown in momentum ... We see child care issues, child care hiring at child care services actually fell again for the second consecutive month, and we saw participation rate among some of those that are single mothers that are the most vulnerable to this still weak, and they are the ones that are going to be not able to return until their kids can stay in school. And the fact that many schools are going back into quarantine after they open, that further mucks up this idea that we had that the labor supply would be there much more readily as we reopen schools, and I think that’s another issue.”

「残念ながら、世界的にも大幅な減速が見られます。最近、中国からは非常に弱い数字が出てきており、デルタバリアントは他の波を逃れた経済に打撃を与えています。これをコンテキストに入れることは非常に重要だと思います。それは、私たちが目にしたサプライチェーンの混乱を傷つけますが、需要も傷つけます。労働供給の問題は非常に深くなります。これは需要と供給の衝突ですが、需要は伸び悩んでいます。それは本当に強調する必要があります。現在、第3四半期のGDP成長率は4%未満と見ています。それは勢いの大きな鈍化です...私たちは育児の問題を見て、育児サービスでの育児雇用は実際に2ヶ月連続で再び減少しました、そして最も脆弱なシングルマザーである人々の間で参加率を見ましたこれにはまだ弱い、そして、彼らは子供たちが学校にとどまることができるまで戻ることができないだろうものです。そして、多くの学校が開校後に検疫に戻っているという事実は、私たちが学校を再開するにつれて労働力の供給がはるかに容易になるというこの考えをさらに覆します。それは別の問題だと思います。」

 

“Over the last two years, if you look at the wages of production nonsupervisory workers, they are up 9.9% over a two-year period; that is the strongest we’ve seen in 40 years. And what it says is that for various reasons, there just isn’t labor supply in America right now. We’ve got 10.1 million job openings, half the small businesses in America have jobs they can’t fill, so this is really a labor supply constraint, it’s a supply constrained economy. I do think the delta variant is going to have a significant impact in September, more so actually than in the August report because I think it sort of gathered pace over the course of the month. So you’ve got a slower growing economy, you probably still have higher interest rates because you’ve still got higher inflation; that’s going to be challenging for the equity market. And so I think it’s very important to buy things that are well priced here that don’t have huge P/E ratios, huge multiples, because those things will be challenged in a global economy which is growing more slowly with higher inflation and interest rates.”

過去2年間で、生産非監督労働者の賃金を見ると、2年間で9.9%上昇しています。それは私たちが40年で見た中で最強です。そして、それが言っていることは、さまざまな理由で、現在アメリカには労働力の供給がないということです。私たちは1010万人の求人を持っており、アメリカの中小企業の半数は彼らが満たすことができない仕事を持っているので、これは本当に労働供給の制約であり、それは供給制約のある経済です。デルタバリアントは9月に大きな影響を与えると思いますが、実際には8月のレポートよりも、1か月の間にペースが上がったと思います。ですから、経済成長が遅いのですが、インフレ率がまだ高いので、おそらく金利はまだ高いでしょう。それは株式市場にとって挑戦的なことになるでしょう。

 

 

「DX進めて労働者不足を補うしかない」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村