バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【巨匠】スティグリッツ氏の米国経済論議

ジョセフ・スティグリッツ氏は、米国経済を再配線する時が来たと述べています。

www.cnbc.【】

 

<キーポイント>

・米国のエコノミスト、ジョセフ・スティグリッツ氏はCNBCに、コロナウイルスのパンデミックが経済システムがどのように機能していないかを浮き彫りにしたと語った。


・世界銀行の元チーフエコノミストは、多くの既存の問題は関連しているため、同時に取り組むことができると楽観視していると述べた。


・7月には、130か国が15%の世界最低法人税率を支持し、スティグリッツ氏は、この動きは底辺への競争を終わらせたと述べました。

 

The U.S. should, for example, invest in building “green” infrastructure that creates jobs and helps bring down inequality, Stiglitz said. “Once you put your mind to it, you realize that we can attack two or three of these problems simultaneously,” the 78-year-old said, adding that the U.S. has the labor and the capital.

Stiglitz said it would be “healthy” for the U.S. economy to raise taxes “a little bit” to finance “some of the things we need for the common good.”

たとえば、米国は、雇用を創出し、不平等を解消するのに役立つ「グリーン」インフラストラクチャの構築に投資する必要があるとスティグリッツ氏は述べています。「気をつければ、これらの問題の2つまたは3つを同時に攻撃できることに気付くでしょう」と78歳の女性は言い、米国には労働力と資本があると付け加えました。

スティグリッツ氏は、米国経済が「公益のために必要なもののいくつか」に資金を提供するために「少し」増税することは「健康的」だと述べた。

 

He said there’s a growing consensus that the U.S. needs to change outdated laws that have been in place for 125 years and address excessive market power across the whole of America. “The concentration of market power has increased enormously in the last 35 years” he said.

Overregulation and overtaxing won’t see the West lose its competitive edge to emerging powers and China, according to Stiglitz. “I’m actually quite confident that this new agenda will actually strengthen us,” he said.

Competition makes market economies more innovative, while monopolies reduce innovation, Stiglitz said. “We’ve seen how the big giants actually squash innovation,” he said.

彼は、米国が125年間施行されてきた時代遅れの法律を変更し、米国全体の過剰な市場支配力に対処する必要があるというコンセンサスが高まっていると述べた。「市場支配力の集中は過去35年間で非常に増加しました」と彼は言いました。

スティグリッツによれば、過剰規制と過剰課税は、西側が新興国と中国に対する競争力を失うことはないだろう。「私は実際、この新しいアジェンダが実際に私たちを強化することを確信しています」と彼は言いました。

スティグリッツ氏によると、競争は市場経済をより革新的にし、独占は革新を減らす。「私たちは、大きな巨人が実際にイノベーションを押しつぶす方法を見てきました」と彼は言いました。

 

 

「GAFA批判ってことね」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村