バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

欧州中央銀行のテーパリング協議

アナリストによると、欧州中央銀行は12月にテーパリングを発表予定です。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・ECBは9月9日に会合を開きますが、アナリストは、中央銀行がCovid関連の措置について何をするかを発表する前にさらに数か月待つと考えています。


・野村の欧州エコノミスト、キアラ・ザンガレッリ氏は、新たな予測を発表することに加えて、ECBは今後数か月のパンデミックで何が起こるかを見たいと述べた。


・ユーロ圏の経済状況は、すべてのCovid制限の解除を回避するために、高い予防接種率と全体的な慎重さの恩恵を受けています。

 

In the United States, the Federal Reserve has already signaled it is likely to start tapering before the end of the year. Chairman Jerome Powell said last week that the U.S. economy is at a point where it does not need as much policy support as had been the case in the wake of the pandemic, though the pace at which asset purchases will be reduced is yet to be decided.

And in the euro zone, a similar announcement could be just around the corner.

米国では、連邦準備制度理事会は、年末までに漸減を開始する可能性が高いことをすでに示しています。ジェローム・パウエル会長は先週、パンデミック後のように米国経済は政策支援を必要としない段階にあると述べたが、資産購入のペースはまだ決まっていない。 

そしてユーロ圏では、同様の発表が間近に迫っている可能性があります。

 

Preliminary data released Tuesday suggested the euro area experienced its highest inflation rate in a decade in August at 3% off the back of high vaccination rates and an easing of Covid restrictions in the region.

The ECB had said it was expecting a surge in consumer prices this year, though due to temporary factors. The central bank’s aim is to achieve a 2% headline inflation rate over the medium term. If higher inflation rates were to persist, this would add pressure on the ECB to revert its stimulus at a faster pace.

火曜日に発表された予備データは、ユーロ地域が8月の10年間で最高のインフレ率を経験し、高いワクチン接種率と地域のCovid規制の緩和を背景に3%であることを示唆しました。

ECBは、一時的な要因によるものの、今年は消費者価格の高騰を予想していると述べていました。中央銀行の目標は、中期的に2%のヘッドラインインフレ率を達成することです。より高いインフレ率が続くとすれば、これはECBに圧力を加え、より速いペースで刺激を元に戻すでしょう。

 

When the pandemic hit the euro zone in March of 2020, the ECB also kept its asset purchase program, known as APP, which has a current monthly pace of 20 billion euros. The central bank has been using this program in combination with PEPP to sustain the 19-member economy.

Salomon Fiedler, economist at Berenberg, told CNBC on Wednesday that the APP will probably last until 2023 and then a potential first-rate hike could take place in the fourth quarter of that year.

But, in the meantime, Zangarelli, from Nomura, said that the APP is likely to be extended in size once PEPP comes to an end. She expects these details to also be unveiled at the December meeting.

2020年3月にパンデミックがユーロ圏を襲ったとき、ECBはAPPとして知られる資産購入プログラムも維持しました。これは、現在の月間ペースが200億ユーロです。中央銀行はこのプログラムをPEPPと組み合わせて使用​​し、19人の加盟国の経済を維持しています。

ベレンベルクのエコノミスト、サロモン・フィードラー氏は水曜日にCNBCに、APPはおそらく2023年まで続き、その後、その年の第4四半期に一流の引き上げが行われる可能性があると語った。

しかし、その間、野村のザンガレッリ氏は、PEPPが終了するとAPPのサイズが拡大する可能性があると述べた。 彼女は、これらの詳細が12月の会議でも発表されることを期待しています。

 

“Regardless of when PEPP might end, that’s not the end of the ECB’s role in terms of QE. This is why we don’t need a huge lead time to think about it. Of course, we can’t leave it too late either. But six months is quite a lot of time. In the autumn, we’ll have to work through a lot of issues relating to what 2022 should look like,” he told Reuters.

「PEPPがいつ終了するかに関わらず、それはQEに関するECBの役割の終わりではありません。これが、私たちがそれについて考えるのに大きなリードタイムを必要としない理由です。もちろん、遅すぎることもありません。しかし、6か月はかなりの時間です。秋には、2022年がどのように見えるべきかに関する多くの問題に取り組む必要があります」と彼はロイターに語った。

 

 

「まだQE継続ってことね」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村