バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

インドは記録的な第1四半期のGDPを発表する予定

インドは記録的な第1四半期のGDPを発表する予定ですが、この数字は全体像を描くものではありません。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・今月ロイターが調査した40人以上のエコノミストは、国内総生産が4月から6月の期間で20%増加すると予測しました。


・しかし、その数字は、インドの経済が昨年の同時期に24.4%縮小した後のものであり、これは厳格な数か月にわたる国家の封鎖によるものです。

 

India’s economy is expected to have grown at a record pace in the three months that ended in June — but analysts point out that the data is unlikely to paint a full picture of the country’s growth trajectory.

More than 40 economists polled by Reuters this month predicted that gross domestic product rose 20% on-year for the April to June period — India’s fiscal first quarter. Official data is due Tuesday around noon GMT. India’s fiscal year begins in April and ends in March the next year.

インドの経済は、6月に終了した3か月で記録的なペースで成長すると予想されますが、アナリストは、データがインドの成長軌道の全体像を描く可能性は低いと指摘しています。

今月ロイターが調査した40人以上のエコノミストは、国内総生産が4月から6月の期間(インドの会計第1四半期)に前年比で20%増加すると予測しました。公式データの期限は火曜日のグリニッジ標準時正午頃です。インドの会計年度は4月に始まり、翌年の3月に終わります。

 

India battled a severe second wave of coronavirus infections between February and early May, when cases peaked. The resurgence forced most of India’s industrial states to implement localized lockdown measures to slow the spread of the virus.

But, India avoided a national lockdown. Economists said that probably cushioned the blow, but consumption likely still lost momentum.

インドは、症例がピークに達した2月から5月初旬にかけて、コロナウイルス感染の深刻な第2波と戦いました。復活により、インドのほとんどの工業国は、ウイルスの拡散を遅らせるために局所的な封鎖措置を実施することを余儀なくされました。

しかし、インドは国の封鎖を避けました。エコノミストは、おそらく打撃を和らげたと述べたが、消費は依然として勢いを失った可能性が高い。

 

She pointed out in a note dated Aug. 23 that India’s agricultural output remained resilient, domestic tractor sales recovered in June and rural wages benefited from a variety of factors including employment support schemes.

Construction activity remained somewhat operational, in part due to the more localized lockdowns, while some service sectors, like hotels, were more adversely affected than others.

“A full recovery in consumption is likely to take time given pressured balance sheets going into the pandemic and additional labour market scarring during Covid,” Rao said.

彼女は8月23日付けのメモで、インドの農業生産は引き続き回復力があり、国内のトラクター販売は6月に回復し、農村部の賃金は雇用支援制度を含むさまざまな要因の恩恵を受けたと指摘した。

ホテルなどの一部のサービス部門は他の部門よりも悪影響を受けた一方で、建設活動は、一部にはより局所的な封鎖のために、いくらか運用されたままでした。

「消費の完全な回復には、パンデミックに陥る圧力のかかったバランスシートと、Covid中の追加の労働市場の傷跡を考えると、時間がかかる可能性があります」とRao氏は述べています。

 

Though India is opening up more cautiously following the second wave, economists say the risk of a third wave remains. But its impact on the economy is expected to be less severe compared with the first and second waves.

インドは第2波に続いてより慎重に開放しているが、エコノミストは第3波のリスクが残っていると述べている。しかし、経済への影響は、第1波と第2波に比べてそれほど深刻ではないと予想されます。

 

 

「過度な期待は禁物」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村