バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

投資家の注目株5つ

ウォール街のトップアナリストは、これらの株は依然として大きな上昇傾向にあると考えています。

 

www.cnbc.com

 

Microsoft

After showing strong momentum throughout 2020 and the first half of 2021, Microsoft continues to close large deals for both enterprise- and consumer-level packages of its cloud-based services. These deals are expected to provide revenue for Microsoft well into 2022.

Ives maintained his buy rating on the stock, and bullishly raised his price target from $325 to $350.

The five-star analyst added that in the “cloud arms race,” Microsoft is poised to capture more market share than Amazon Web Services. Microsoft recently hiked its prices for Office 365, which Ives anticipates could generate more than $5 billion in 2022.

Regarding a long-term cloud computing stock pick, Ives stated, “Microsoft remains our favorite large cap cloud play, and we believe the stock will move higher into year-end as the Street further appreciates the cloud transformation story.”

Out of more than 7,000 analysts on TipRanks, Ives is ranked as #36. The analyst has a 73% success rate on his stock picks, translating to an average return of 34% per rating.

 

マイクロソフト

 

マイクロソフトは、2020年から2021年前半にかけて強い勢いを見せた後、クラウドベースのサービスのエンタープライズレベルとコンシューマーレベルの両方のパッケージについて引き続き大規模な取引を成立させています。これらの取引は、2022年までマイクロソフトに収益をもたらすと期待されています。

アイブスは株の買いの評価を維持し、強気に彼の価格目標を325ドルから350ドルに引き上げました。

5つ星のアナリストは、「クラウド軍拡競争」において、マイクロソフトはアマゾンウェブサービスよりも多くの市場シェアを獲得する準備ができていると付け加えました。Microsoftは最近、Office 365の価格を引き上げました。これは、Ivesが2022年に50億ドル以上を生み出す可能性があると予測しています。

長期的なクラウドコンピューティングの株価について、アイブス氏は次のように述べています。

TipRanksの7,000人を超えるアナリストのうち、Ivesは36位にランクされています。アナリストの株価の成功率は73%で、評価ごとの平均収益率は34%に相当します。

 

Target
U.S. consumer discretionary spending trends took off over the last year and half, particularly when it comes to digital shopping. Target has been successful in capturing these movements, and is well-positioned to continue doing so.

Robert Drbul of Guggenheim reported bullishly on the stock, stating that he is “encouraged by the ongoing strength of Target’s business, its profitability and cash flow generation.” Target recently reported second-quarter earnings results, beating Wall Street consensus estimates by 7% in earnings per share, as well as in several other key sectors and metrics.

Drbul reiterated a buy rating for Target, and raised his price target from $250 to $295.

The five-star analyst mentioned that Target has continued to see confidence-instilling growth, in both in-store and digital sales. The general merchandise retailer marked clear success in its fulfillment-from-store operations, moving 95% of its total sales for the quarter and capturing surging online demand. Same day shipping and pickup services expanded another 55% over the same time period, after massive growth of 270% in 2020.

The large stores continue to remain relevant through high-profile brand partnerships. Additionally, Drbul noted that “all five core merchandise categories delivered positive comparable sales, on top of last year’s historic sales performance.”

While increases in freight and shipping costs put a slight dent in Target’s margins, the company has approved up to $15 billion in new share repurchases, and has already completed repurchasing $1.5 billion in stock from the previously approved program.

On TipRanks, Drbul is rated as #319 out of over 7,000 analysts. His average return per rating stands at 12.3%, and he currently maintains a success rate of 67%.

Target


米国の消費者の裁量的支出の傾向は、特にデジタルショッピングに関しては、過去1年半にわたって急上昇しました。ターゲットはこれらの動きを捉えることに成功しており、それを継続するのに適した立場にあります。

グッゲンハイムのロバート・ドルブルは、株式について強気に報告し、「ターゲットの事業の継続的な強さ、その収益性、およびキャッシュフローの創出に勇気づけられている」と述べた。Targetは最近、第2四半期の収益結果を報告し、ウォールストリートのコンセンサス予想を1株当たり利益、およびその他のいくつかの主要セクターと指標で7%上回っています。

Drbulは、Targetの購入評価を繰り返し、価格目標を250ドルから295ドルに引き上げました。

5つ星のアナリストは、Targetは、店内販売とデジタル販売の両方で、自信を植え付ける成長を続けていると述べました。雑貨小売業者は、店舗からのフルフィルメント業務で明確な成功を収め、四半期の総売上高の95%を移動し、急増するオンライン需要を獲得しました。同日配送および集荷サービスは、2020年に270%の大幅な成長を遂げた後、同じ期間にさらに55%拡大しました。

大規模な店舗は、注目を集めるブランドパートナーシップを通じて、引き続き関連性があります。さらに、Drbulは、「5つの主要な商品カテゴリすべてが、昨年の過去の販売実績に加えて、同等のプラスの売上を達成した」と述べています。

運賃と輸送費の増加により、Targetのマージンはわずかに低下しましたが、同社は最大150億ドルの新規株式買戻しを承認し、以前に承認されたプログラムから15億ドルの株式の買戻しをすでに完了しています。

TipRanksでは、Drbulは7,000人を超えるアナリストのうち319位と評価されています。彼の評価あたりの平均収益率は12.3%で、現在67%の成功率を維持しています。

 

Applied Materials
Closed semiconductor factories, mixed with a heightened demand for smartphones, computers, and automobiles that was brought on by the Covid-19 economic shifts, created the perfect storm. An ongoing semiconductor shortage has been pressuring technology and automotive manufacturers for much of the second quarter. Although several analysts believed it to be easing, the situation is not so simple. The increased demand is, however, good for Applied Materials, which is expected to see revenues continue to grow through 2022.

Bullish Quinn Bolton of Needham & Co. believes the stock “will outperform peers in 2022 due to a structurally favorable WFE [wafer fab equipment] mix next year.”

Bolton reiterated a buy rating on the stock and declared a price target of $153.

Just last Thursday, Applied Materials reported strong second-quarter earnings results, beating Wall Street consensus estimates on earnings per share and gross margin, as well as raising guidance for the third quarter

The expansion in demand for semiconductors has been equalizing, as the firm commits to ramping up supply. Despite this, dynamic random-access memory chips remain undersupplied, although their “spot prices started to fall a couple of weeks ago,” wrote Bolton.

Applied Materials is said by Bolton to have an order backlog worth more than $10 billion. This fact alone underlines the company’s fundamental health and its potential for steady revenues, moving forward.

The five-star analyst is rated by TipRanks as #5 out of over 7,000 total analysts on the site. His stock rating’s success rate holds at 74% correct, and he averages a return of 45.1% per rating.

 

アプライドマテリアルズ


閉鎖された半導体工場は、Covid-19の経済シフトによってもたらされたスマートフォン、コンピューター、自動車の需要の高まりと相まって、完璧な嵐を生み出しました。進行中の半導体不足は、第2四半期の大部分で技術と自動車メーカーに圧力をかけています。何人かのアナリストはそれが緩和していると信じていましたが、状況はそれほど単純ではありません。ただし、需要の増加はアプライドマテリアルズにとっては良いことであり、2022年まで収益が増加し続けると予想されます。

Needham&CoのBullish Quinn Boltonは、「来年は構造的に有利なWFE [ウェーハファブ機器]の組み合わせにより、2022年には同業他社を上回るだろう」と考えています。

ボルトンは株式の買いの評価を繰り返し、153ドルの価格目標を宣言しました。

ちょうど先週の木曜日、アプライドマテリアルズは第2四半期の業績が好調で、1株当たり利益と粗利益に関するウォールストリートのコンセンサス予想を上回り、第3四半期のガイダンスを引き上げました。

半導体の需要の拡大は、同社が供給を増やすことを約束しているため、平準化されています。それにもかかわらず、ダイナミックランダムアクセスメモリチップは、「スポット価格が数週間前に下落し始めた」にもかかわらず、供給不足のままです、とボルトンは書いています。

アプライドマテリアルズは、100億ドル以上の注文バックログがあるとボルトンによって言われています。この事実だけでも、会社の基本的な健全性と安定した収益の可能性を強調しており、前進しています。

5つ星のアナリストは、TipRanksによって、サイトの7,000人を超えるアナリストのうち5位と評価されています。彼の株価評価の成功率は74%正解であり、評価ごとの平均収益率は45.1%です。

 

Petco
Identifying trends is one of the main requirements of Wall Street’s top analysts. Indeed, trends are in favor of Petco. The Covid-19 pandemic kept people at home, and many then acquired pets, which require care. As this pattern sticks, Petco stands to benefit.

Peter Benedict of Robert W. Baird wrote that Petco “operates a unique, fully integrated pet care ecosystem within the ~100B U.S. pet market.” Its strong second-quarter earnings, roadmap toward offering health services, and lowered debt burdens help categorize it as an attractive stock.

Benedict maintained a buy rating on Petco and assigned a price target of $30.

Calling pets an “annuity,” the analyst noted that several services are necessary to maintain one, so customers are frequently recurring. Petco already captures this market with its diversified offerings, and has been expanding its in-house veterinary services as well. This opportunity is seen by Benedict as a long-term initiative which will expand market share.

The company printed quality second-quarter earnings results, beating expectations and raising guidance. Benedict added that as economies reopened, “in-store shopping drove robust pet care center sales,” and premium services like grooming, training, and medical are in high demand.

When taking into account the company’s additional initiatives in “merchandising, services, digital and data analytics capabilities,” Benedict said that Petco’s stock stands at an attractive valuation.

Benedict is rated by TipRanks as #25 of more than 7,000 experts, and 83% of his ratings have been successful. He averages a return of 24.9% per rating.

 

ペトコ
トレンドを特定することは、ウォール街のトップアナリストの主要な要件の1つです。確かに、トレンドはペトコを支持しています。Covid-19のパンデミックにより、人々は家に留まり、多くの人がペットを手に入れました。このパターンが固執するにつれて、ペトコは利益を得る立場にあります。

ピーターベネディクトロバートW.ベアードのはペトコは、「〜100B米国のペット市場内で一意で、完全に統合されたペットケアのエコシステムを運営しています。」と書きました その強力な第2四半期の収益、医療サービスの提供に向けたロードマップ、および債務負担の軽減は、魅力的な株式として分類するのに役立ちます。

ベネディクトはペトコの購入評価を維持し、30ドルの価格目標を割り当てました。

アナリストは、ペットを「年金」と呼び、1つを維持するにはいくつかのサービスが必要であるため、顧客は頻繁に繰り返し発生していると述べました。Petcoはすでにその多様な製品でこの市場を獲得しており、社内の獣医サービスも拡大しています。この機会は、ベネディクトによって市場シェアを拡大​​する長期的なイニシアチブと見なされています。

同社は質の高い第2四半期の業績を印刷し、期待を上回り、ガイダンスを引き上げました。ベネディクト氏は、経済が再開するにつれ、「店内での買い物がペットケアセンターの堅調な売上を牽引し」、グルーミング、トレーニング、医療などのプレミアムサービスの需要が高まっていると付け加えました。

ベネディクト氏は、「マーチャンダイジング、サービス、デジタル、データ分析機能」における同社の追加のイニシアチブを考慮に入れると、ペトコの株式は魅力的な評価に立っていると述べました。

ベネディクトは、TipRanksによって7,000人を超える専門家の25位と評価されており、彼の評価の83%が成功しています。彼は評価ごとに平均24.9%のリターンを上げています。

 

Nvidia
Another massive semiconductor firm has been experiencing high sustained demand for its chips. Nvidia was successful in closing an upbeat Q2, and is expected to continue raking in revenue as gaming and automotive manufacturers demand its products. While the firm struggles to close an acquisition deal, Rajvindra Gill of Needham & Co. nevertheless published his bullish hypothesis on its future outlook.

Gill reiterated a Buy rating on the stock, and raised his price target from $200 to $245 per share.

Nvidia beat second quarter Wall Street consensus estimates on earnings per share and gross margin. With its margins widening, Gill expects the company to have “significant operating leverage.”

On the downside, the five-star analyst does not expect Nvidia’s acquisition of technology firm Arm Ltd. to close any time soon. Obstacles are mounting and negotiations are dragging on, so he estimates a 20% chance of success for this opportunity.

Despite this, demand for data centers is growing significantly, as the trend of enterprise-sized cloud computing takes hold. Furthermore, Gill identifies an opportunity for growth, as an internet service provider can run a full data center based on Nvidia’s triton programming language. Data center build-outs remain Nvidia’s largest driver of growth.

Additionally, the analyst does not see the volatility in cryptocurrency mining regulations as a concern. He writes that while Nvidia’s products are used by some miners, the exposure the company has to this revenue stream is not significant.

To Gill, Nvidia remains a buy partly due to its attractive valuation. He is encouraged by its “superior balance sheet,” calling it “the best one in the industry.”

On TipRanks, Gill has a ranking of #161 among more than 7,000 Wall Street analysts. His ratings return an average of 18.2%, and he is successful 68% of the time.

 

 

Nvidia
別の大規模な半導体企業は、そのチップに対する高い持続的な需要を経験しています。Nvidiaは、明るい第2四半期の締めくくりに成功し、ゲームメーカーや自動車メーカーが自社製品を要求するにつれて、引き続き収益を上げることが期待されています。同社は買収契約の締結に苦労しているが、Needham&CoのRajvindra Gillは、その将来の見通しについて強気な仮説を発表した。

ギルは株式の買いの評価を繰り返し、目標価格を1株あたり200ドルから245ドルに引き上げました。

Nvidiaは、1株当たり利益と粗利益率に関する第2四半期のウォールストリートコンセンサスの見積もりを上回りました。マージンが拡大する中、ギルは同社が「大幅な営業レバレッジ」を持つことを期待しています。

マイナス面として、5つ星のアナリストは、Nvidiaによるテクノロジー企業ArmLtd。の買収がすぐに終了することを期待していません。障害が増え、交渉が長引いているため、彼はこの機会に20%の成功の可能性があると見積もっています。

それにもかかわらず、エンタープライズ規模のクラウドコンピューティングのトレンドが定着するにつれて、データセンターの需要は大幅に増加しています。さらに、インターネットサービスプロバイダーはNvidiaのトリトンプログラミング言語に基づいて完全なデータセンターを運営できるため、Gillは成長の機会を特定しています。データセンターの構築は、依然としてNvidiaの最大の成長ドライバーです。

さらに、アナリストは、暗号通貨マイニング規制の変動性を懸念事項とは見なしていません。彼は、Nvidiaの製品は一部の鉱夫によって使用されていますが、同社がこの収益源にさらされていることは重要ではないと書いています。

ギルにとって、Nvidiaは、その魅力的な評価のおかげもあり、購入を続けています。彼はその「優れたバランスシート」に勇気づけられ、「業界で最高のバランスシート」と呼んでいます。

TipRanksでは、Gillは7,000人を超えるウォール街のアナリストの中で161位にランクされています。彼の評価は平均18.2%を返し、68%の確率で成功しています。

 

 

 

「Nvidiaは間違いない」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村