バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【まとめ】ジャクソンホールスピーチ

パウエル氏は年末までにテーパリングを始めるとしていますが、利上げ前に「カバーすべき多くの事柄」があると述べています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は金曜日、中央銀行は年末までにテーパリングを始める可能性が高いと述べた。


・しかし彼は、経済が完全雇用に達する前に「カバーすべき多くの根拠」がまだあるので、利上げは差し迫っていないと述べた。

 

Federal Reserve Chairman Jerome Powell indicated Friday that the central bank is likely to begin withdrawing some of its easy-money policies before the end of the year, though he still sees interest rate hikes off in the distance.

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は金曜日、中央銀行は年末までに金融緩和政策の一部を撤回し始める可能性が高いと述べたが、彼はまだ利上げにはまだ遠いとしている。

 

That means the Fed likely will begin cutting the amount of bonds it buys each month before the end of the year, so long as economic progress continues. Based on statements from other central bank officials, a tapering announcement could come as soon as the Fed’s Sept. 21-22 meeting.

つまり、FRBは、経済成長が続く限り、年末までに毎月購入する債券の量を削減し始める可能性が高いということです。他の中央銀行当局者の声明に基づくと、FRBが9月21日から22日にかけて会合を開くとすぐにテーパリングの発表が行われる可能性があります

 

However, it does not mean that rate increases are looming.

しかし、それは利上げが迫っているという意味ではありません。

 

He added that while inflation is solidly around the Fed’s 2% target rate, “we have much ground to cover to reach maximum employment,” which is the second prong of the central bank’s dual mandate and necessary before rate hikes happen.

 インフレ率はFRBの目標金利2%前後で堅調ですが、中央銀行の二重の使命の2番目のプロングであり、利上げが行われる前に必要な「最大雇用に到達するためにカバーする余地はたくさんあります」と彼は付け加えました。

 

The Fed has used the term “substantial further progress” as a benchmark for when it will start tightening policy. Powell said that “test has been met” for inflation while there “has also been clear progress toward maximum employment.” He said he and his fellow officials agreed at the July Federal Open Market Committee meeting that “it could be appropriate to start reducing the pace of asset purchases this year.”

連邦準備制度理事会は、いつ政策を引き締め始めるかについてのベンチマークとして「実質的なさらなる進歩」という用語を使用しました。パウエル氏は、インフレについては「テストは満たされている」と述べたが、「最大雇用に向けた明確な進展もあった」と述べた。彼と彼の仲間の当局者は、7月の連邦公開市場委員会の会議で「今年、資産購入のペースを落とし始めるのが適切かもしれない」と合意したと述べた。

 

However, Powell defended the policy Friday and stressed the importance of the Fed not making an “ill-timed policy move” in response to temporary economic gyrations like the action this year in inflation.

“Today, with substantial slack remaining in the labor market and the pandemic continuing, such a mistake could be particularly harmful,” he said. “We know that extended periods of unemployment can mean lasting harm to workers and to the productive capacity of the economy.”

しかし、パウエルは金曜日に政策を擁護し、今年のインフレ行動のような一時的な経済の混乱に対応して、FRBが「タイミングの悪い政策の動き」を行わないことの重要性を強調した。

「今日、労働市場にかなりの緩みが残っており、パンデミックが続いているため、そのような間違いは特に有害である可能性があります」と彼は言いました。「失業期間が長引くと、労働者と経済の生産能力に永続的な害を及ぼす可能性があることを私たちは知っています。」

 

The unemployment rate for July stood at 5.4%, down from the April 2020 high of 14.8% but still reflective of a jobs market that remains well off where it stood before the pandemic. In February 2020, unemployment was 3.5% and there were 6 million more Americans working and 3 million more considered in the labor force.

Powell noted that the delta variant of Covid “presents a near-term risk” to getting back to full employment, but he insisted that “the prospects are good for continued progress toward maximum employment.”

He added that some of the factors that pushed inflation higher are starting to abate, though several regional Fed presidents have told CNBC in recent days that they see lasting pressures in their districts.

“Inflation at these levels is, of course, a cause for concern. But that concern is tempered by a number of factors that suggest that these elevated readings are likely to prove temporary,” he said

7月の失業率は5.4%で、2020年4月の最高値である14.8%から低下しましたが、それでもパンデミック前の雇用市場がかなり離れていることを反映しています。2020年2月の失業率は3.5%で、600万人のアメリカ人が働いており、300万人が労働力として考慮されていました。

パウエル氏は、コビッドのデルタ型は完全雇用に戻ることに対して「短期的なリスクをもたらす」と述べたが、「最大の雇用に向けた継続的な進歩の見通しは良好である」と主張した。

彼は、インフレを押し上げた要因のいくつかは弱まり始めていると付け加えたが、最近、いくつかの地域連銀総裁は、自分たちの地区に永続的な圧力がかかっているとCNBCに語った。

「もちろん、これらのレベルでのインフレは懸念の原因です。しかし、その懸念は、これらの上昇した測定値が一時的なものであることが証明される可能性が高いことを示唆する多くの要因によって和らげられています」と彼は言いました。

 

 

「とりあえず9月3日の雇用統計に注目」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村