バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【Xデー】FRB金融政策脱出

パウエルと連邦準備制度が金融政策からの脱出をするよう圧力がかかっています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・FRBにとって、金融政策の実施は困難であったため、脱出も困難になります。


・金曜日の投資家は、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が経済と金融政策についてどう考えているかについて聞かれるだろう。


・「FRBによる金融政策の変更はすべて重要です」

「しかし、成長が鈍化しており、FRBが撤退しようとしていることを私たちは知っているので、今日は特に意味があると思います。」

 

Landmines for Powell
Complicating matters for Powell are some touchy political dynamics inside and outside the Fed.

The rising hawkish bent from regional presidents such as Kaplan and James Bullard at the St. Louis Fed is clashing with more dovish members such as Governor Lael Brainard and San Francisco Fed President Mary Daly.

On top of that, Powell is up for renomination in February — as are several other Fed officials — and President Joe Biden has not made his preferences known yet. Powell already knows what it’s like to be leaned on to keep rates low after his experience with former President Donald Trump. But to some extent, he will still have to herd cats to keep a Fed consensus together as economic and pandemic conditions shift.

 

パウエルの地雷
パウエルにとって複雑な問題は、FRBの内外でのいくつかの微妙な政治的ダイナミクスです。

セントルイス連銀のカプランやジェームズ・ブラードなどの地域大統領からの上昇するタカ派は、ラエル・ブレイナード知事やサンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁などのより多くのハト派のメンバーと衝突している。

それに加えて、パウエルは2月に再任される予定であり、他のいくつかのFRB当局者もそうですが、ジョー・バイデン大統領はまだ彼の選好を公表していません。パウエルは、ドナルド・トランプ前大統領との経験の後、金利を低く抑えるために頼ることがどのようなものかをすでに知っています。しかし、ある程度までは、経済状況とパンデミック状況が変化するにつれて、FRBのコンセンサスを維持する必要があります。

 

“The worry for both the Fed and economy is the danger of applying political pressure to get outcomes that one desires on the political spectrum, and thus undermining the Fed’s independence,” former Philadelphia Fed President Charles Plosser told CNBC in a broadcast interview. “Powell’s in a delicate spot.”

For his part, Powell used his 2020 Jackson Hole speech to outline a dramatic shift in policy regarding the way the Fed views inflation. The new framework reflects a desire to achieve full and inclusive employment even if that means running inflation hot. The policy has been blamed in some quarters for surging prices this year.

「FRBと経済の両方にとっての懸念は、政治的スペクトルで望む結果を得るために政治的圧力をかけ、それによってFRBの独立性を損なう危険性です」と元フィラデルフィアFRBのチャールズ・プロサー大統領は放送インタビューでCNBCに語った。「パウエルはデリケートな場所にいます。」

パウエル氏は、2020年のジャクソンホール演説を使用して、FRBがインフレをどのように見ているかに関する政策の劇的な変化について概説しました。新しい枠組みは、たとえそれがインフレを熱くすることを意味するとしても、完全で包括的な雇用を達成したいという願望を反映しています。この政策は、今年の価格高騰で一部の四半期で非難されています。

 

 

「9月頭の雇用統計が重要」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村