バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【打撃】長期債チャート

クレイマー氏によると、長期債チャートは、今後数週間で「打撃を受ける」可能性があることを示唆しています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏は火曜日に、「ラリー・ウィリアムズが解釈したチャートは、長期国債が今後数週間で打撃を受けようとしていることを示唆している」と述べた。


・「それが株式市場に悪影響を与えるとあなたは信じている」と付け加えた。

 

CNBC’s Jim Cramer on Tuesday warned that Wall Street could be unsettled by possible near-term moves in the bond market.

CNBCのジム・クレイマーは火曜日に、債券市場の短期的な動きの可能性によってウォール街が不安定になる可能性があると警告した。

 

Cramer said Williams provided multiple charts that lend credence to the prospect of an upcoming decline in prices for the 30-year Treasury, known as the long bond, which would lead to a spike in yields since they move inversely to each other.

クレイマー氏によると、ウィリアムズは、ロングボンドとして知られる30年国債の価格の下落の見通しに信憑性を与える複数のチャートを提供しました。これは、互いに逆方向に動くため、利回りの急上昇につながります。

 

One factor at play is seasonality, with Williams, a longtime market technician, observing that “for the last several years, Treasury bonds have a distinct tendency to start falling in late August and in early September,” Cramer said. “If that pattern holds true this year, then it would mean we’re about to see a significant rally in long-term interest rates.”

However, Cramer acknowledged seasonal patterns are not perfect and it’s important to consider other indicators, such as the Commodity Futures Trading Commission’s weekly Commitments of Traders Reports.

長年の市場技術者であるウィリアムズ氏は、「過去数年間、国債は8月下旬と9月上旬に下落し始める明確な傾向がある」と述べ、季節性が重要な要素の1つです。「そのパターンが今年も当てはまるとすれば、それは私たちが長期金利の大幅な上昇を見ようとしていることを意味するでしょう。」

ただし、クレイマーは季節パターンが完全ではないことを認めており、商品先物取引委員会の毎週のトレーダーのコミットメントレポートなどの他の指標を考慮することが重要です。

 

“Put it all together and we could be looking at a big downtick in bond prices, which translates into a significant rally in long-term interest rates,” Cramer said. “You could read that as a sign of a strengthening economy, or a sign that the Fed needs to tighten because inflation’s flaring up again, or a simply a sign that there’s going be less foreign money flowing into our bond market.”

「すべてをまとめると、債券価格の大幅な下落が見られる可能性があります。これは、長期金利の大幅な上昇につながります」とクレイマー氏は述べています。「それは、経済が強化されている兆候、またはインフレが再び急上昇しているためにFRBが引き締める必要がある兆候、あるいは単に債券市場に流入する外貨が少なくなる兆候として読むことができます。」

 

 

「金曜日が待ち遠しい」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村