バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

石炭価格が106%上昇

石炭需要の急増により、今年は一般炭の価格が106%上昇しています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・広大なアジア市場のベンチマークであるニューカッスル港のオーストラリアの火力石炭は、商品価格プロバイダーのアーガスによる最新の毎週の評価によると、今年は106%上昇して1メートルトンあたり166ドルを超えました。


・9月初旬に2020年の安値である46.18ドルであったニューカッスルの週次指数は、2008年7月から史上最高値の195.20ドルに近づいているようです。


・燃焼して発電する一般炭の復活は、いわゆる「エネルギー転換」について深刻な疑問を投げかけています。

 

 

To put thermal coal’s remarkable rally into some context, international benchmark Brent crude is one of few assets to have recorded comparable gains this year. The oil contract is up 33% year-to-date.

The resurgence of thermal coal, which is burned to generate electricity, raises serious questions about the so-called “energy transition.” To be sure, coal is the most carbon-intensive fossil fuel in terms of emissions and therefore the most important target for replacement in the pivot to renewable alternatives.

Yet, as policymakers and business leaders repeatedly tout their commitment to the demands of the deepening climate emergency, many still rely on fossil fuels to keep pace with rising power demand.

一般炭の目覚ましい回復をある文脈に当てはめると、国際ベンチマークのブレント原油は、今年同等の利益を記録した数少ない資産の1つです。石油契約は年初来で33%増加しています。

燃焼して発電する一般炭の復活は、いわゆる「エネルギー転換」について深刻な疑問を投げかけています。確かに、石炭は排出量の点で最も炭素集約的な化石燃料であり、したがって再生可能な代替燃料へのピボットにおける代替の最も重要なターゲットです。

それでも、政策立案者やビジネスリーダーは、深刻化する気候緊急事態の要求へのコミットメントを繰り返し宣伝しているため、多くの人々は、増大する電力需要に対応するために化石燃料に依然依存しています。

 

 

U.N. Secretary-General, António Guterres, described the report’s findings as a “code red for humanity,” adding that it “must sound a death knell for coal and fossil fuels before they destroy our planet.”

Earlier this year, Guterres pushed for all governments, private companies and local authorities to “end the deadly addiction to coal” by scrapping all future global projects. The move to phase out coal from the electricity sector was “the single most important step” to align with the 1.5-degree goal of the Paris Agreement, he said.

国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、報告書の調査結果を「人類にとっては真っ赤なコード」と説明し、「私たちの惑星を破壊する前に、石炭と化石燃料の死の鐘を鳴らさなければならない」と付け加えた。

今年の初め、グテーレスはすべての政府、民間企業、地方自治体に対し、将来のすべてのグローバルプロジェクトを廃止することで「石炭への致命的な依存症を終わらせる」よう求めました。電力部門から石炭を段階的に廃止する動きは、パリ協定の1.5度の目標に沿った「唯一の最も重要なステップ」であると彼は述べた。

 

Yulia Buchneva, director in natural resources at Fitch Ratings, told CNBC that thermal coal remains a key global energy source, noting the commodity still has a more than 35% share in global power generation.

“We expect that the share of coal in energy generation will decline driven by the energy transition agenda, however this will have a rather longer-term impact on the market. In the medium-term demand for coal in emerging markets with less strict environmental agenda, in particular in India, Pakistan, and Vietnam, where coal-fired power dominates generation, is expected to rise,” Buchneva said.

By comparison, Buchneva said that since the U.S. and EU account for only 10% of worldwide demand for coal, an expected contraction in these regions would have a limited impact on the global market.

フィッチ・レーティングスの天然資源担当ディレクター、ユリア・ブフネバ氏はCNBCに、火力石炭は依然として主要な世界のエネルギー源であり、この商品は依然として世界の発電で35%以上のシェアを持っていると述べた。

「エネルギー生成における石炭のシェアは、エネルギー移行アジェンダによって低下すると予想されますが、これは市場にかなり長期的な影響を及ぼします。環境アジェンダがそれほど厳しくない新興市場、特に石炭火力が発電を支配するインド、パキスタン、ベトナムにおける中期的な石炭需要は増加すると予想されている」とブフネバ氏は述べた。

比較すると、ブフネバ氏は、米国とEUが世界の石炭需要の10%しか占めていないため、これらの地域で予想される縮小が世界市場に与える影響は限定的であると述べた

 

 

「結局、環境対策って本質的じゃないんだよな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村