バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

テーパリングは際限のない焦点

ジム・クレイマー氏は、FRBの政策引き締めは投資家の懸念のリストに含まれるべきではないと述べています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>
・CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、投資家は連邦準備制度の政策の動きの予測に基づいてすべての売買決定を行うべきではないと述べた。


・潜在的なFRBの引き締めは無関係ではないが、他の力が短期的な市場のローテーションに影響を与えているとクレイマー氏は述べた。

 

“All I’m really trying to do here is explain that there are many seasons to this market and to not scare you, to not threaten you out of this market, to not make it so you sell good stocks because some chatter about something that’s not going to matter a thing to you,” Cramer said. “The most important thing to remember is that it’s a rotation, or a turn.”

Right now, for instance, large companies such as Bristol-Myers Squibb and PepsiCo that have solid dividends are in favor with investors, Cramer said.

“The bottom line: If you really think the whole market’s poised to get hammered because of [the Fed tapering] ... you should use that to gradually do some buying into weakness,” Cramer said. “And you especially want to buy when a stock’s getting crushed by a sector rotation.”

「私がここで本当にやろうとしているのは、この市場には多くの季節があり、あなたを怖がらせない、この市場からあなたを脅かさない、それを作らないようにすることです。何の問題もない」とクレイマー氏は語った。「覚えておくべき最も重要なことは、それがローテーション、またはターンであるということです。」

たとえば、現在、堅調な配当を行っているブリストル・マイヤーズスクイブやペプシコなどの大企業は投資家に有利だとクレイマー氏は語った。

「結論:[FRBの先細り]のために市場全体が打撃を受ける準備ができていると本当に思うなら...それを使って徐々に弱さを買い込むべきだ」とクレイマー氏は述べた。「そして、セクターのローテーションによって株が押しつぶされているときに、特に買いたいと思うでしょう。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村