バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

10月からテーパリング開始か?

9月に債券購入のテーパリングを発表する可能性が高まっています。

 

www.cnbc.com

 

Shifting policy views amid unexpected economic data have opened the door for the Federal Reserve to announce in September a decision to taper its assets purchases and begin the reduction in buying a month or so after.

予想外の経済データの中で政策の見方が変化したことで、連邦準備制度理事会は9月に資産購入を漸減し、1か月ほど後に購入の削減を開始する決定を発表する扉を開きました。

 

Interviews with officials along with their public comments show growing support for a faster taper timeline than markets had expected a month ago. Those changing views follow the strong jobs data of the past two months along with higher inflation readings.

当局者へのインタビューと彼らのパブリックコメントは、市場が1か月前に予想していたよりも速いテーパータ​​イムラインへの支持が高まっていることを示しています。これらの変化する見方は、過去2か月の強力な雇用データと、より高いインフレ率の測定値に従います。

 

Markets have also shifted expectations, giving the Fed leeway to act sooner. Respondents to the CNBC Fed Survey in July pegged November as the announcement month and January as the beginning of the taper. But a Reuters poll last week found September to be the new consensus.

市場も期待をシフトさせ、FRBがより早く行動する余地を与えています。7月のCNBC連邦準備制度理事会の回答者は、11月を発表月、1月を先細りの始まりとして釘付けにしました。しかし、先週のロイターの世論調査では、9月が新しいコンセンサスであることがわかった。

 

Powell said at his July press conference that the Fed was still “some way away from” the substantial further progress needed to taper, but that was before the July jobs report showing more than 900,000 jobs added, upward revisions to May and June and forecasts for continued strong payrolls growth. He has also said the decision to taper would be left up to the committee. In addition, Powell suggested the delta variant did not pose much risk to the economy.

パウエル氏は7月の記者会見で、FRBは先細りに必要な実質的なさらなる進展からまだ「少し離れている」と述べたが、それは7月の雇用報告 が90万人以上の雇用を追加し、5月と6月に上方修正し、引き続き力強い給与の伸びがある。彼はまた、先細りの決定は委員会に任されていると述べた。さらに、パウエルは、デルタバリアントが経済に大きなリスクをもたらさないと示唆しました。

 

 

「今年は早すぎのような気がするが」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村