バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【ラリー継続】インフレよりもコロナ

HSBCによると、市場はもはやインフレを恐れず、株価は上昇し続けるだろうとのことです。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・木曜日のメモで、最高投資責任者のXian Chanは、持続的な高インフレに対する懸念の期間の後、市場はこの概念に慣れてきたようだと述べた。


・「間違いなく、市場は現在、Covidに関するプレーの状態、特にDeltaバリアントの普及に焦点を合わせています」と彼は言いました。


・HSBCは依然として株式に投資しており、特に消費者の裁量、金融、不動産など、消費者に直接さらされているセクターに投資しています。 

 

Xian pointed out that while U.S. consumer price inflation remained high at an annual 5.4% in July, the 10-year U.S. Treasury yield has declined, indicating that markets have “nothing to fear but fear itself” when it comes to inflation.

Xian氏は、7月の米国の消費者物価上昇率は年率5.4%と高いままでしたが、米国財務省の10年間の利回りは低下しており、インフレに関しては市場が恐れることはないと指摘しました。

 

“There is normally a direct relationship between bond yields and inflation expectations. If inflation is expected to be higher, then bond yields go up to reflect the likelihood of higher interest rates. But interestingly, bond yields have come down after peaking in April,” Chan said.

As of Friday morning in Europe, the 10-year Treasury yield dropped again to 1.3405%, having been above 1.7% in March. HSBC forecasts that it will fall as low as 1% by the end of the year.

「通常、債券利回りとインフレ期待の間には直接的な関係があります。インフレ率が高くなると予想される場合、金利が高くなる可能性を反映して債券利回りが上昇します。しかし興味深いことに、債券利回りは4月にピークに達した後、低下しました」とチャン氏は述べています。

ヨーロッパの金曜日の朝の時点で、10年間の財務省の利回りは再び1.3405%に低下し、3月には1.7%を上回りました。HSBCは、年末までに1%まで下がると予測しています。

 

“Even when analysing stock market volatility, upon closer inspection, the S&P 500 has still pushed higher month on month since January, despite concerns around inflation. Even May and June, when inflation fears were highest, delivered positive returns,” he said, adding that this all suggests financial markets are no longer afraid of higher inflation.

「株式市場のボラティリティを分析する場合でも、綿密な調査の結果、S&P 500は、インフレ懸念にもかかわらず、1月以降、前月比で上昇を続けています。インフレ懸念が最も高かった5月と6月でさえ、プラスのリターンをもたらした」と述べ、これはすべて、金融市場がもはやインフレの上昇を恐れていないことを示唆していると付け加えた。

 

“Arguably, markets are now more focused on the state of play regarding Covid, and in particular, the spread of the Delta variant,” he said.

Covid case numbers are rising again in various parts of the world, with several countries, most notably in Asia-Pacific, reintroducing containment measures in recent weeks. Meanwhile, the U.K. and others have forged ahead with reopening their economies.

“But regardless of where you look, the general view (and hope) is the broad success of vaccination programmes will allow the recovery story to continue in H2 this year,” Xian said.

It is on this base case that HSBC is still investing in equities, particularly in sectors directly exposed to consumers, such as consumer discretionary, financials and real estate. However, he cautioned investors that volatility may still pop up periodically.

「間違いなく、市場は現在、Covidに関するプレーの状態、特にDeltaバリアントの普及に焦点を合わせています」と彼は言いました。

Covidの症例数は世界のさまざまな地域で再び増加しており、いくつかの国、特にアジア太平洋地域では、ここ数週間で封じ込め措置が再導入されています。その間、英国と他の人々は彼らの経済を再開することで前進しました。

「しかし、あなたがどこを見ているかに関係なく、ワクチン接種プログラムの幅広い成功は、今年の下半期に回復の物語を続けることを可能にするという一般的な見解(そして希望)です」とXianは言いました。

HSBCが依然として株式に投資しているのはこの基本的なケースであり、特に消費者の裁量、金融、不動産など、消費者に直接さらされているセクターに投資しています。しかし、彼は投資家にボラティリティがまだ定期的に現れるかもしれないと警告しました。

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村