バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ディズニーは市場期待を上回り、第3四半期の収益が急増

ディズニーは木曜日の取引後、第3四半期の収益が急増したことを報告し、加入者の成長、収益、収益に対するウォール街の期待を上回りました。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>
・ディズニーは木曜日のベルの後、第3四半期の収益が急増したことを報告し、加入者の成長、収益、収益に対するウォール街の期待を上回りました。


・同社はDisney +の加入者数の見積もりを上回り、1億1600万人に達した。


ディズニーの公園、体験、製品セグメントは、コビッドのパンデミックが始まって以来初めて収益性を取り戻しましたが、公園だけではまだ収益性はありません。

 

Disney reported blowout fiscal third-quarter earnings after the bell Thursday, beating Wall Street expectations on subscriber growth, revenue and earnings.

The company’s shares were up more than 5% in after hours trading.

Earnings per share: 80 cents vs 55 cents expected in a Refinitiv survey of analysts
Revenue: $17.02 billion vs $16.76 billion expected in the survey
The company beat on subscriber estimates for Disney+, coming in at 116 million. StreetAccount estimated the company to report 114.5 million subscribers for its third quarter. The segment had 103.6 million in its fiscal second quarter.

同社の株式は、時間外取引で5%以上上昇しました。

一株当たり利益:アナリストのリフィニティブ調査で予想される55セントに対して80セント
収益:調査で予想された167.6億ドルに対して170億2000万ドル
同社はDisney +の加入者数の見積もりを上回り、1億1600万人に達した。StreetAccountは、同社が第3四半期に1億1450万人の加入者を報告すると推定しました。セグメントの第2四半期の収益は1億360万でした

 

Overall, the company said it had nearly 174 million subscriptions across Disney+, ESPN+ and Hulu at the end of its third quarter. Revenue for its direct-to-consumer segments increased 57% to $4.3 billion. Average monthly revenue per paid subscriber grew slightly for ESPN+ and Hulu.

Disney said the company’s total addressable market is 1.1 billion households across the globe.

全体として、同社は第3四半期の終わりに、Disney +、ESPN +、Hulu全体で約1億7400万のサブスクリプションを持っていると述べました。直接販売セグメントの収益は57%増加して43億ドルになりました。ESPN +とHuluの有料加入者あたりの平均月間収益は、わずかに増加しました。

ディズニーによると、同社の獲得可能な市場の合計は、世界中で11億世帯です。

 

 

Revenue in the segment jumped 308% to $4.3 billion, as all of its parks were reopened during the fiscal third quarter and attendance and consumer spending rose. Operating income reached $356 million, compared with a loss of $1.87 billion during the same quarter last year.

Much of this profitability is attributable to the segment’s consumer products business, which saw operating income reach $564 million. During the quarter, Disney garnered higher revenue from merchandise based on Mickey and Minnie, Star Wars, Disney princesses and Spider-Man.

Disney’s domestic parks eased restrictions in April, which led to a boost in attendance. Domestic parks reported operating income of $2 million. International parks posted a loss of $210 million.

セグメントの収益は、第3四半期中にすべての公園が再開され、入園者数と個人消費額が増加したため、308%増の43億ドルになりました。営業利益は、前年同期の18億7000万ドルの損失に対し、3億5600万ドルに達しました。

この収益性の多くは、営業利益が5億6,400万ドルに達したセグメントの消費者向け製品事業に起因しています。四半期中、ディズニーはミッキーとミニー、スターウォーズ、ディズニープリンセス、スパイダーマンをベースにした商品からより高い収益を獲得しました。

ディズニーの国内公園は4月に制限を緩和し、参加者の増加につながりました。国内の公園は200万ドルの営業利益を報告しました。国際公園は2億1000万ドルの損失を計上しました。

 

The resurrection of the theme park industry is critical to Disney’s bottom line. In 2019, the segment, which includes cruises and hotels, accounted for 37% of the company’s $69.6 billion in total revenue.

テーマパーク業界の復活は、ディズニーの収益にとって非常に重要です。2019年には、クルーズとホテルを含むこのセグメントが、同社の総収益696億ドルの37%を占めました。

 

 

「とはいえ素晴らしい業績」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村