バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

「怠惰な思考」と戦え

ジム・クレイマーは、株式を売却することを決定する際に、投資家に「怠惰な思考」と戦うよう促しています。

 

www.cnbc.com

 

 

<キーポイント>

・「いつ売るかを決めることは、いつ買うかを決めることと同じくらい重要です」とCNBCのジム・クレイマーは月曜日に言いました。


・「マッドマネー」のホストは、投資家がこれらの決定に近づく際に感情的な反応を避ける必要があるのはそのためです。


・「怠惰な思考を禁止することはできませんが、それを特定して、一度に1つの愚かな考えを打ち消すことはできます」と彼は言いました。

 

Cramer said another recent instance involves wholesale retailer Costco. After Friday’s strong jobs report, Cramer said he heard fresh chatter about the Federal Reserve needing to ease of its highly accommodative monetary policy to prevent the economy from overheating.

That led the “Mad Money” host to examine his charitable trust’s portfolio in search of winning stocks in which to take profits. He said he settled on Costco, believing its relatively rich valuation made it more sensitive to the prospect of higher interest rates.

Eventually, Cramer said he came to the conclusion that the spread of the Covid delta variant in the U.S. made an adjustment to the Fed’s rate policy unlikely in the near term.

“There was nothing wrong with the business; [Costco] didn’t miss numbers. I was simply reacting to scaremongering from the inflationistas, even though I disagree them when I take two seconds to think about it,” Cramer said. “That’s the kind of thinking that’s devoid of rigor. Fortunately, I had second thoughts, and we didn’t go through with it.”

クレイマー氏によると、最近の別の事例には、卸売業者のコストコが関係しているという。金曜日の強力な雇用報告の後、クレイマー氏は、連邦準備制度が経済の過熱を防ぐためにその非常に緩和的な金融政策を緩和する必要があることについての新鮮なおしゃべりを聞いたと述べた。

そのため、「マッドマネー」のホストは、利益を得ることができる勝ち株を探すために、彼の公益信託のポートフォリオを調査しました。彼は、コストコの比較的豊富な評価が、より高い金利の見通しに対してより敏感になったと信じて、コストコに落ち着いたと述べた。

最終的に、クレイマー氏は、米国でのCovidデルタ変異の蔓延により、FRBの金利政策が短期的に調整される可能性は低いという結論に達したと述べました。

「ビジネスには何の問題もありませんでした。[コストコ]は数字を逃しませんでした。私は、インフレーション主義者からの脅迫に単に反応していましたが、それについて考えるのに2秒かかると、彼らには同意しませんでした」とCramer氏は述べています。「それは厳密さを欠いた種類の考え方です。幸いなことに、私は考え直しましたが、それをやり遂げることはできませんでした。」

 

 

「暴落には備えた方が良さそう」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村