バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【インフレ加速】世界最大のコンテナ船会社が第2四半期の収益を急増

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

利息、税金、減価償却および償却前利益(EBITDA)は51億ドルで、前年同期に報告された17億ドルから200%増加しました。


世界経済がCovid-19のパンデミックから立ち直り、商品需要が回復したため、コンテナの出荷率は急上昇しましたが、コンテナの不足がサプライチェーンに圧力をかけました。

 

Maersk, the world’s largest container shipping firm, has posted a sharp increase in second-quarter earnings as congestions and bottlenecks continue to drive up shipping rates.

世界最大のコンテナ船会社であるマースクは、混雑とボトルネックが輸送料金を押し上げ続けているため、第2四半期の収益が急増しました。

 

“Right now in container shipping we have effectively unmet demand. The global capacity is not able to lift all of the demand and that is what is driving up freight rates,” Skou told CNBC’s “Squawk Box Europe” on Friday.

「現在、コンテナ輸送では、実質的に需要が満たされていません。世界的なキャパシティはすべての需要を持ち上げることができず、それが運賃を押し上げている」とスコウは金曜日にCNBCの「SquawkBoxEurope」に語った。

 

Rates from China to the United States, for instance, have scaled fresh record highs above $20,000 per 40-foot box, up more than 500% from a year ago, according to freight-tracking firm Freightos.

 たとえば、中国から米国への料金は、貨物追跡会社Freightosによると、40フィートボックスあたり20,000ドルを超える過去最高を記録し、1年前から500%以上増加しています。

 

 

「インフレ加速、日本どうするの」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村