バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【ウイルス培養】英国が変異株のインキュベーターになる可能性

ロンドン—イギリスのCovid-19制限の緩和は、危険な亜種の出現の可能性を高めていると警告しています。

 

www.cnbc.com

 

England lifted most of it last remaining restrictions on July 19, including mandatory mask-wearing and social distancing. Scotland, Wales and Northern Ireland still have some restrictions in place.

イングランドは、7月19日に、強制的なマスク着用や社会的距離を含む、最後に残った制限のほとんどを解除しました。スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにはまだいくつかの制限があります。

 

“But it’s the whole of Europe, the U.S., Canada, where infections are going up everywhere — all of these high-income countries are in that same situation, and a vaccine-resistant variant could arise in any of them,” she said, noting that such a variant could “really take off” in highly populated, well-vaccinated states and cities.

「しかし、感染がどこでも増加しているのはヨーロッパ、米国、カナダ全体です。これらの高所得国はすべて同じ状況にあり、ワクチン耐性の変異体がそれらのいずれかで発生する可能性があります」と彼女は言いました。そのような変種は、人口が多く、ワクチン接種の行き届いた州や都市で「実際に離陸」する可能性があることに注意してください。

 

Speaking to CNBC, Pagel said she’d like to see countries coordinate more on their border restrictions, noting that in Europe, some countries had banned Britons from entering while others were welcoming them.

Pagel氏は、CNBCと話し、国境制限について各国がより調整することを望んでいると述べ、ヨーロッパでは、一部の国が英国人の入国を禁止し、他の国は英国人を歓迎していると述べた。

 

Last week, Israel’s Health Ministry said the Pfizer-BioNTech vaccine was just 39% effective against the delta variant, but noted that it was providing strong protection against severe illness and hospitalization.

先週、イスラエルの保健省は、ファイザー-バイオエヌテックワクチンがデルタ変異体に対してわずか39%の効果があると述べたが、それは重篤な病気と入院に対して強力な保護を提供していると述べた。

 

 

「選べるならファイザーを選択しましょう。」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村