バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【楽観的】石油市場の回復

エネルギーアナリストによると、投資家は石油市場の回復について「楽観的すぎる」可能性があるとのこと。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>
・エネルギーアナリストのヴァンダナ・ハリ氏によると、米国の景気回復により、投資家は世界的な石油回収に大きな期待を寄せていますが、その期待は「楽観的すぎる」可能性があります。


・米国の複数の州がCovidの制限を解除し、国内では正常感が幾分戻ってきました。


・しかし、ワクチン接種と再開に関しては、より裕福な国々が先導している一方で、米国の道をたどることができない可能性が高い多くのより貧しい国々では、ウイルスは依然として猛威を振るっています。

 

“The U.S. macroeconomic indicators, the mobility indicators — are all going gangbusters,” she said.

A relatively high vaccination rate has been an important part of the U.S. reopening. As of July 3, more than half the population — or 54.45% — has received at least one vaccine doses, according to Our World in Data.

「米国のマクロ経済指標であるモビリティ指標は、すべて大成功を収めています」と彼女は言いました。

比較的高い予防接種率は、米国の再開の重要な部分です。Our World in Dataによると、7月3日の時点で、人口の半数以上(54.45%)が少なくとも1回のワクチン接種を受けています。

 

While she’s “constructive” about where oil prices may be headed, Hari said she was less of a “raging bull” than those calling for $80 in 2021 or even $100 oil in 2022.

Brent prices could stay close to where they are now — in the $70 to $75 range — at least for the summer months, she said.

彼女は石油価格がどこに向かうかについて「建設的」であるが、ハリは、2021年に80ドル、さらには2022年に100ドルの石油を要求する人々よりも「激しい強気」ではないと述べた。

ブレントの価格は、少なくとも夏の間は、現在の価格に近いままで、70ドルから75ドルの範囲になる可能性があると彼女は述べた。

 

Still, Hari acknowledged downside risks to oil prices.

“There’s a lot of uncertainty still in the air with regard to the virus, the variants and how … countries manage,” she said.

Most of the world still won’t be close to mass immunity in the second half of 2021, she added.

それでも、ハリは石油価格の下振れリスクを認めた。

「ウイルス、亜種、そして…国々がどのように管理しているかに関して、まだ多くの不確実性が漂っています」と彼女は言いました。

2021年の後半には、世界のほとんどがまだ大衆免疫に近づくことはないだろうと彼女は付け加えた。

 

「100ドルは無いよ。。」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村