バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

2021-22年の世界成長率予想

クレディ・スイスは、2021年の世界的な成長率を5.9%と予測しており、株式は他の資産クラスを上回っていると述べています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・クレディ・スイスは、2021年下半期の投資見通しにおいて、世界経済は今年5.9%、2022年には4%成長すると予測しました。


・経済の拡大は、ワクチンの展開、財政刺激策、およびサービス回復の拡大によって主導されると同行は述べた。


・米国は今年6.9%の成長率で成長する予定であり、ユーロ圏は4.2%の拡大が見込まれ、日本を除くアジアは7.5%の成長が見込まれています。

 

In the equities market, Credit Suisse said it prefers exposure to cyclical sectors such as financials and materials. Cyclical stocks are companies whose underlying businesses tend to follow the economic cycle of expansion and recession.

クレディ・スイスは、株式市場では、金融や資材などの循環セクターへのエクスポージャーを好むと述べました。循環株は、基礎となる事業が拡大と不況の景気循環に従う傾向がある企業です。

 

“You are getting Europe on sale as it comes out of the pandemic, as it reopens and as growth accelerates,” Farris said, adding that the U.K. has exposure to financials and the global economy while Germany has exposure to cyclical sectors.

In Asia, the bank’s preferences are Korean and Thai stocks, which can potentially benefit from the worldwide chip shortage and global reflation trends. Thai stocks are likely to also gain from a rally in oil prices.

Credit Suisse is neutral on Chinese equities, citing a slowdown in growth momentum post normalization from the pandemic and regulatory risks that are weighing on market sentiment.

「パンデミックから抜け出し、再開し、成長が加速するにつれて、ヨーロッパが売りに出されている」とファリス氏は述べ、英国は金融と世界経済にさらされているが、ドイツは循環セクターにさらされていると付け加えた。

アジアでは、銀行の好みは韓国とタイの株式であり、世界的なチップ不足と世界的なリフレ傾向から利益を得る可能性があります。タイ株も原油価格の上昇から上昇する可能性が高い。

クレディ・スイスは、市場センチメントを圧迫しているパンデミックおよび規制リスクによる正常化後の成長の勢いの鈍化を理由に、中国の株式に対して中立的です。

 

Farris said that he doesn’t expect the Fed to announce any decision until late third quarter and beyond, and that the actual tapering will not happen until 2022. Moreover, interest rates are likely to remain on hold until 2023.

ファリス氏は、FRBが第3四半期後半以降まで決定を発表することは期待しておらず、実際の漸減は2022年まで起こらないと述べた。さらに、金利は2023年まで保留される可能性が高い。

 

 

「日本を除くアジア成長率という点は滑稽」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村