バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【アイルランド】グローバル法人税に関して15%で妥協か

アイルランドは、バイデン政権が掲げている、グローバル法人税15%の「妥協」を望んでいます。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・G7財務相は今月、より公正な税制の要求を解決しようとするため、バイデン政権が示唆するように、最低15%のグローバル法人税率が必要であることに合意しました。


・G-7計画はOECDレベルで議論されており、G20リーダーによって議論される予定です。


・多くの国が危機の際に発生した債務を返済できるように、新しいまたはより強力な収入源を切望していることを考えると、パンデミックをきっかけに課税が特に重要になっています。

 

Ireland is known for offering a low corporate tax rate, 12.5%, and a recent agreement among the seven most advanced economies potentially challenges that.

アイルランドは12.5%という低い法人税率を提供していることで知られており、最近の7つの先進国間の合意は潜在的にそれに挑戦しています。

 

The European Commission rule in 2016 that Apple had received illegal tax benefits in Ireland and ordered Dublin to recoup 13 billion euros ($15.49 billion) from the tech giant. Ireland and Apple contested the decision, and the case is now being reviewed by Europe’s highest court.

2016年の欧州委員会の規則では、Appleはアイルランドで違法な税制上の優遇措置を受け、ダブリンにハイテク巨人から130億ユーロ(154.9億ドル)を回収するよう命じました。アイルランドとアップルはこの決定に異議を唱え、この訴訟は現在、ヨーロッパの最高裁判所によって検討されています。

 

Taxation has become particularly important in the wake of the Covid pandemic, given that many countries are desperate for new or stronger sources of income so they can repay the debt incurred during the crisis.

多くの国が危機の間に発生した債務を返済できるように新しいまたはより強力な収入源を切望していることを考えると、Covidのパンデミックをきっかけに課税が特に重要になっています。

 

 

 

 

「企業収益が圧迫される未来」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村