バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【FRB政策】インフレは継続するのか

インフレは予想以上の所で推移していますが、それは一時的なものであり、FRBの政策にはまだ影響を与えない可能性が高いとのことです。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・消費者物価指数が 5% 上昇したことで、5 月に消費者物価が急上昇し、エコノミストの予想を上回った。


・市場の専門家が、インフレ報告がFRBの緩和的な政策に変化をもたらさないと判断した後、株式は上昇し、債券利回りは変動した.


・エコノミストは、パンデミックの影響を受けた地域が中心であるため、価格の上昇は一時的である可能性があるという兆候があると述べています。

 

Fed officials have described the current period of high inflation as transitory, meaning it should be brief or short-lived. They have expected several months of elevated price increases because of pent-up demand and supply chain lags. The comparison to last year’s weak levels — at a time when the economy was mostly shut down — is also a factor.

FRB当局者は、現在のインフレは一時的なものであると説明しており、それは短期的であることを意味しています。彼らは、需要の停滞とサプライチェーンの遅れのために、数か月間の価格上昇を予想していました。昨年の低水準(経済がほぼ停止していた時期)との比較も要因です。

 

The Federal Reserve meets June 15 and 16. There was some market speculation that if inflation looked very hot, the central bank might move up the time frame in which it would discuss moving away from its easy policies.

連邦準備制度理事会は6月15日と16日に会合を開きます.もしインフレが非常に熱く見えた場合、中央銀行は緩和政策からの脱却について議論する期限を延長するかもしれないという市場の憶測がありました.

 

Many economists have been expecting the Fed to first talk about tapering bond buying at its Jackson Hole Economic Symposium in late August, before actually cutting the size of purchases in late 2021 or next year.

多くのエコノミストは、FRBが8月下旬のジャクソンホール経済シンポジウムで最初に債券購入の縮小について話し、2021年末または来年には実際に購入額を削減すると予想している.

 

“Medical care and housing are two very large components of inflation. They’re both very sticky and a reason to think inflation will settle at a higher level but not at a level that is uncomfortable,” said Zandi. “The reason for being so sanguine is around medical care and housing.” He said the expansion of the Affordable Care Act has helped hold down medical costs.

医療と住宅は、インフレの 2 つの非常に大きな要素です。どちらも非常に粘着性があり、インフレはより高いレベルで落ち着くが、不快なレベルではないと考える理由になっている」「こんなに楽観的である理由は、医療と住宅に関することです」彼は、医療保険制度改革法の拡大が医療費の抑制に役立っていると述べた。

 

 

 

 

「こういう難解な相場で稼げるのが本当のプロだな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村