バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【時限爆弾】ドイチェ、インフレへの警戒感を強める

インフレへの警戒感が強まる中、ドイツ銀行はウォール街及びFRBと異なる立場を持っています。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・コンセンサスから外れた予測では、ドイツ銀行はインフレから来る潜在的な危機を警告しています。


・同社のエコノミストは、「その影響は、特に社会で最も弱い立場にある人々にとって、壊滅的なものになる可能性がある」と述べた.


ウォール街とFRBのほとんどの人は、インフレは一時的な問題であり、特別な要因が消えるにつれて衰退すると考えています.

 

In a forecast that is well outside the consensus from policymakers and Wall Street, Deutsche issued a dire warning that focusing on stimulus while dismissing inflation fears will prove to be a mistake if not in the near term then in 2023 and beyond.

政策立案者とウォール街の合意から大きく外れている予測の中で、ドイツ銀行は、インフレ懸念を無視して刺激策に焦点を当てることは、2023年以降の短期的な話ではないとしても、間違いであると悲惨な警告を発した.

 

As part of its approach to inflation, the Fed won’t raise interest rates or curtail its asset purchase program until it sees “substantial further progress” toward its inclusive goals. Multiple central bank officials have said they are not near those objectives.

インフレへのアプローチの一環として、FRBは、包括的な目標に向けて「大幅なさらなる進展」が見られるまで、金利を引き上げたり、資産購入プログラムを縮小したりすることはありません. 複数の中央銀行当局者は、目標には程遠いと述べています。

 

In the meantime, indicators such as the consumer price and personal consumption expenditures price indices are well above the Fed’s 2% inflation goal. Policymakers say the current rise in inflation is temporary and will abate once supply disruptions and base effects from the early months of the coronavirus pandemic crisis wear off.

その間、消費者物価指数や個人消費支出価格指数などの指標は、FRBの2%のインフレ目標を大幅に上回っています。政策担当者は、現在のインフレ上昇は一時的なものであり、コロナウイルスのパンデミック危機の初期の数か月による供給の混乱と基本的な影響が薄れれば、緩和されると述べています。

 

The Deutsche team disagrees, saying that aggressive stimulus and fundamental economic changes will present inflation ahead that the Fed will be ill-prepared to address.

Deutsche チームはこれに同意せず、積極的な刺激策と根本的な経済変化は、FRB が対処する準備ができていないインフレを先取りするだろうと述べています。

 

Jan Hatzius, chief economist at Goldman Sachs, said there are “strong reasons” to support the position. One he cites is the likelihood that the expiration of enhanced unemployment benefits will send workers back to their jobs in the coming months, easing wage pressures.

ゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミスト、ヤン・ハッツィウス氏は、この立場を支持する「強い理由」があると述べた。彼が挙げた 1 つは、失業保険の給付期間の満了により、今後数か月以内に労働者が元の仕事に戻り、賃金圧力が緩和される可能性があるということです。

 

“Never before have we seen such coordinated expansionary fiscal and monetary policy. This will continue as output moves above potential,” Folkers-Landau said. “This is why this time is different for inflation.”

The Deutsche team said the coming inflation could resemble the 1970s experience, a decade during which inflation averaged nearly 7% and was well into double digits at various times. Soaring food and energy prices along with the end of price controls helped push that era’s soaring inflation.

「これほど協調的な拡張的な財政・金融政策を見たのは、これまでに例がありません。これは、産出が潜在能力を上回るにつれて継続するだろう」とフォルカーズ・ランダウ氏は述べた。「これが、今回のインフレが異なる理由です。」

Deutsche チームは、今後のインフレは 1970 年代の経験に似ている可能性があると述べた。価格統制の終了に伴う食料とエネルギーの価格の高騰は、その時代のインフレの急上昇を後押ししました。

 

「すでに、価格上昇の多くの原因が米国経済に浸透しています。たとえ紙上では一時的なものであっても、1970 年代と同じように期待に応えてくれるかもしれません」と彼らは語った。「したがって、リスクは、たとえそれが数ヶ月しか埋め込まれていないとしても、特に刺激が非常に高い場合には、封じ込めが難しい可能性があるということです.」

同社は、金利上昇は「債務の多い世界に大混乱をもたらす」可能性があり、特に成長が資金調達コストの上昇を克服できない新興国で金融危機が発生する可能性が高いと述べた。

 

 

「そろそろ現金比率を増やしておくか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村